結婚相談所おすすめ人気ランキング15選【2021年】本気で結婚したい人へ贈る賢い選び方のコツとは?

結婚相談所おすすめ 結婚相談所

「結婚相談所ってどうやって選ぶの?」

「結婚相談所のおすすめってどこ?」

このように、結婚相談所について迷っている人はいませんか?結婚相談所とは婚活のプロであるアドバイザーがあなたの結婚をしっかりサポートしてくれるところ、これから結婚を考えている男女にはもってこいの出会いツールだと言って良いでしょう。

しかし、ただ何となく選んで利用してみても、あなたに合っていない結婚相談所を選んでしまうと時間もお金も無駄になってしまうだけです。

今回は結婚相談所の選び方や、最新の人気ランキング、利用するうえでの注意点などを徹底的に詳しく解説していきます。

これから結婚したいと思っている人は、結婚相談所のうまく使うコツを学んで素晴らしい出会いへとつなげていきましょう。

この記事を書いた人

emi

30歳、婚活歴3年。主にOmiai、ペアーズをマッチングアプリでは使用。複数の結婚相談所にも登録経験あり。婚活中で出会った人数は20人以上。マッチングアプリや結婚相談所のリアルを書いている。

  1. 大手結婚相談所15社の料金・会員数などを徹底比較!
    1. 当サイト調査の総合おすすめランキングを発表!
  2. 結婚相談所ってどんなところ?婚活の流れは?
    1. そもそも結婚相談所とは?利用すべき理由は?
    2. 結婚相談所で婚活~成婚までの流れを解説
      1. 【入会前】無料相談、結婚相談所体験会
        1. 無料相談は結婚への悩みや不安を相談するだけでもOK
      2. ①結婚相談所へ入会
      3. ②担当コンシェルジュとカウンセリング
      4. ⑥お見合い後にお互い気に入れば仮交際→本交際へ
      5. ⑦成婚(プロポーズ)
        1. 婚活して結婚した人の中で利用トップは婚活サイト
  3. 結婚相談所の賢い選び方①結婚相談所は大手を選ぶべし!
    1. 大手結婚相談所を選ぶことのメリット
    2. 大手結婚相談所にはデメリットもある
  4. 結婚相談所の賢い選び方②紹介方法は3パターンに分かれる
    1. 「仲人紹介型(仲介型)」結婚相談所のメリット・デメリット
    2. 「データマッチング型」のメリット・デメリット
    3. 「ハイブリッド型」のメリット・デメリット
  5. 結婚相談所の賢い選び方③結婚相談所を選ぶための4つのポイント
    1. 出会いは「会員数」で決まる
    2. 自分に合った「料金プラン」かどうか
    3. 出会いたい「年齢層」が多いかどうか
    4. 婚活する上で「サポート体制」も大事
  6. 【タイプ別】結婚相談所おすすめ人気ランキング15選!
    1. 「ハイブリッド型」の結婚相談所3選を紹介
      1. 1位 リクルートが手掛けるリーズナブルな相談所「ゼクシィ縁結びエージェント」
      2. 2位 地方にも強い大手の結婚相談所「ツヴァイ」
      3. 3位 サポート力の高さと出会いの豊富さなら「IBJメンバーズ」
    2. 「仲人型」の結婚相談所おすすめ人気ランキング7選
      1. 1位 プロによる完全サポートを求めるなら「サンマリエ」
      2. 2位 短期間での成婚を目指すなら「パートナーエージェント」
      3. 3位 いろんな年齢層の婚活に合わせてサポートする「ノッツェ」
      4. 4位 ワンランク上の婚活と会員の質の高さなら「ハッピーカムカム」
      5. 5位 手厚いサポート&早期成婚を目指すなら「クラブ・マリッジ」
      6. 6位 完全サポートで始めての婚活も安心「WeBCon」
      7. 7位 ハイステータスなお相手を求めるなら「マリッジクラブ・ウィッシュ」
    3. 「データマッチング型」の結婚相談所おすすめ人気ランキング5選
      1. 1位 コスパとサービスのバランスを兼ね備えた「オーネット」
      2. 2位 コスパ&満足度No.1を誇る「エン婚活エージェント」
      3. 3位 低価格の結婚相談所をお探しなら「スマリッジ」
      4. 4位 低価格なのにサポート力も抜群「naco-do(ナコード)」
      5. 5位 忙しい人でも空いた時間で婚活ができる「ペアーズエンゲージ」
  7. 結婚相談所を120%活用し早期成婚するための6つの鉄則
    1. ①結婚相談所にまかせっきりにしない
    2. ②プロフィール写真にこだわる
    3. ③高望みやこだわりすぎない
    4. ④結婚に対する明確なビジョンを持つ
    5. ⑤自分磨きを忘れない
    6. ⑥積極的に参加する
  8. 結婚相談所おすすめ人気15選!まとめ

大手結婚相談所15社の料金・会員数などを徹底比較!

大手を含めた結婚相談所15社の料金(入会金や初期費用、月額費など)、会員数、年齢層、男女比、結婚相談所タイプ、成婚率を一覧表で比較してみました(公表されてい項目は未記載にしています)。

料金のコースに関しては結婚相談所1番人気のコースを掲載しています。コースやプランによって月額費や初期費用等が変わるため、詳しくは各公式サイトから判断するようにしてください。

結婚相談所名 初期費用 月額料金 成婚料 会員数 年齢層 男女比 タイプ 成婚率
パートナー
エージェント

パートナーエージェント
コンシェルジュコース
104,500円
人気
コンシェルジュコース
18,700円/月
55,000円 29,000人 30代~40代 5.5:4.5 仲人型 27.0%
ツヴァイ
ツヴァイ
登録料+初期費用
115,500円
15,400円/月 0円 90,728人* 男女とも30代最多
20代~40代
約5:5 ハイブリッド型 非公開
ゼクシィ縁結び
エージェント

ゼクシィ縁結びエージェント
オリコン満足度1位
33,000円
スタンダードプラン
17,600円/月
0円 約30,000人 20代~40代 ハイブリッド型 26.2%
IBJメンバーズ
IBJメンバーズ
アシストプラスコース
296,450円
17,050円/月 220,000円 約70,000人 女性20~30代多い
20代~30代
ハイブリッド型 高い成婚率
50.4%*
サンマリエ
サンマリエ
入会金+初期活動費
220,000円
17,600円/月 220,000円 71,340人 30代~40代 仲人型 非公開
オーネット
オーネット
オリコン満足度2位
入会金+初期活動費
116,600円
16,500円/月 0円 48,007人 20代~30代 約6:4 データマッチング型 非公開
ハッピーカムカム
ハッピーカムカム
入会金+登録料
88,000円
評判良し
16,500円/月
165,000円 約50,000人 20代~40代 仲人型 交際3ヶ月以上含む
54.5%*
結婚相談所名 初期費用 月額料金 成婚料 会員数 年齢層 男女比 タイプ 成婚率
naco-do
naco-do
最安値
0円
9,800円/月 0円 119,000人
(提携先含む)
20代~40代 データマッチング型
(オンライン型)
非公開
クラブ・マリッジ
クラブマリッジ
登録料+活動費
286,000円
スタンダードコース
16,500円/月
220,000円 約68,000人 30代~40代 仲人型 28.0%
ノッツェ
ノッツェ
入会金+初期活動費
87,250円
アシストコース
21,450円/月
110,000円 約40,000人 20代~40代 仲人型 非公開
エン婚活
エージェント

エン婚活エージェント
登録料
9,800円
14,300円/月 0円 30,166人 30代~40代 約5:5 データマッチング型
(オンライン型)
6ヶ月以内30.0%
スマリッジ
スマリッジ
登録料
6,600円
通常プラン
9,900円/月
0円 55,000人 20代~40代 データマッチング型
(オンライン型)
非公開
WeBCon
ウェブコン
提供サービス料
男性:330,000円
女性:0円
0円 男性:0円
女性:220,000円
非公開 20代~50代 仲人型 非公開
ペアーズ
エンゲージ

ペアーズエンゲージ
入会金
12,000円
12,000円/月 0円 約30,000人 20代~30代 約6:4 データマッチング型
(オンライン型)
非公開
ウィッシュ
ウィッシュ
33,000円 0円 330,000円 約40,000人 20代~40代 データマッチング型 64.0%

*ツヴァイの会員数は、2021年4月時点ツヴァイと日本結婚相談所連盟の加盟会員合計数です。
*IBJメンバーズの成婚率は、2019年1月~12月に主要コースで活動していた人が成婚退会に至った割合の数字です。
*ハッピーカムカムの成婚率は、令和2年4月1日ご入会~令和3年3月31日までにご入会した方が、1年以内にご成婚、もしくは交際が3ヶ月以上経過した割合です。

結婚相談所タイプの説明
仲人(仲介)型 専任コンシェルジュやアドバイザーからお相手を紹介されるタイプ。
マンツーマンで婚活をサポートしてくれる。
データマッチング型 検索データベースからマッチングされた相手の紹介を受けたり自分で希望の相手を探すタイプ。
ハイブリッド型 仲人型とデータマッチング型の2つの要素を持つタイプ。

タイプ別のメリット・デメリットの解説はこちら>>

当サイト調査の総合おすすめランキングを発表!

当サイトが独自で徹底調査した結果、ランキングは以下の通りになりました。ランキングの基準は料金はもちろんのこと、サポート面や成婚率、安心して入会できるかなどを独自基準で採点いたしました。

項目/順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
結婚相談所 ゼクシィ縁結びエージェント
ゼクシィ縁結びエージェント
IBJメンバーズ
IBJメンバーズ
パートナーエージェント
パートナーエージェント
オーネット
オーネット
ツヴァイ
ツヴァイ
ハッピーカムカム
ハッピーカムカム
naco-do
naco-do ナコード
サンマリエ
サンマリエ
クラブ・マリッジ
クラブマリッジ
ノッツェ
ノッツェ
評価 98点 95点 93点 90点 88点 84点 83点 82点 81点 80点
理由 オリコン満足度調査No.1!
業界水準の1/2の低料金
東証一部上場企業が運営
入会1年以内成婚率70.3%
4年連続業界成婚率No.1
婚活PDCAで高品質な婚活
業界最大級の会員数
データマッチングの大手
(株)IBJのグループ会社
全国に最多の50店舗あり
1年以内の成婚率54.5%
同世代異性の専属担当
スマホで完結する相談所
データベース会員11万人
仲人型で婚活をサポート
IBJ系列。会員数7万人
婚活プロデューサーが
徹底分析を施すID婚活
簡単無料パートナー紹介
入会前にお相手を探せる
料金 入会金:33,000円
月額費:17,600円*
初期費用:0円
成婚料:0円
*スタンダードコース
初期費用:296,450円*
月額費:17,050円*
成婚料:220,000円
*アシストコース
初期費用:104,500円
月額費:18,700円
登録料:33,000円
成婚料:55,000円
*コンシェルジュコース
入会金:33,000円
活動初期費用:83,600円
月額費:16,500円
成婚料:0円
入会金:115,000円
月額費:15,400円
成婚料:0円
入会金:55,000円
月額費:15,000円
登録料:33,000円
お見合い料:11,000円
成婚料:165,000円
初期費用:0円
月額費:9,800円
登録料:0円
成婚料:0円
入会金:33,000円
初期活動費:187,000円
月額費:17,600円
成婚料:220,000円
*プレミアムコース
活動費:253,000円
月額費:16,500円*
登録料:33,000円
成婚料:220,000円
*スタンダードコース
入会金:33,000円
初期活動費:52,250円
月額費:21,450円
成婚料:110,000円
お見合い料:11,000円/回
*アシストコース
タイプ ハイブリッド型 ハイブリッド型 仲人型 ハイブリッド型 ハイブリッド型 仲人型 オンライン
データマッチング型
仲人型 仲人型 仲人型
運営会社 (株)リクルート (株)IBJ タメニー(株) (株)オーネット (株)ZWEI (株)ハッピーカムカム (株)いろもの (株)サンマリエ (株)クラブ・マリッジ (株)結婚情報センター
リンク 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

結婚相談所には「仲人型」「データマッチング型」「ハイブリッド型」の3つのタイプがありますが、すべて含めた総合ランキングとなっています。タイプ別のランキングは以下リンクから詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

結婚相談所タイプ別のおすすめランキングはこちら>>

結婚相談所ってどんなところ?婚活の流れは?

結婚相談所
世の中にはいろいろな婚活のツールがあふれていますが、そんな中「結婚相談所って他の婚活サービスと何が違うの?」と思う人も多いかも知れません。

これから婚活をはじめるにあたって、まず結婚相談所はどんなところなのかを知っておくことが大事ですので、結婚相談所について簡単にご紹介していきます。

そもそも結婚相談所とは?利用すべき理由は?

よく結婚相談所は「最後の砦」なんて言われているほど、婚活する人にとっては効率が良く成婚率の高い婚活ツールであると言われています。

結婚相談所の特徴
  • 20代~30代男女を中心に真剣に結婚したい人のみが集まる
  • 婚活のプロによるサポート力の高さ
  • 出会いのチャンスが多い

結婚相談所は入会手続きをしっかりおこない、あらかじめまとめて費用を払う必要があるため、婚活に対するモチベーションが高い人しか集まってきません。

最近では結婚したい男女が気軽に使える「婚活アプリ」も主流になりつつありますが、結婚相談所との違いは以下の通りです。

結婚相談所と婚活アプリの違い
安全面 アプリより結婚相談所の方が安全
会員の質 アプリより結婚相談所の方が質が高い
サポート面 アプリより結婚相談所の方がサポートが手厚い

このように、どの項目においても結婚相談所は婚活アプリと比べると高い力を持った婚活ツールであるであることが分かります。

そして何といっても結婚相談所は費用が高額なので、無料や数千円で利用できる婚活アプリと違って生半可な気持ちで登録する人はほぼ存在しません。

また、結婚相談所では婚活のプロである「アドバイザー」が個別にサポートしてくれるので、婚活が初めての人でも時間を無駄にすることなく、着実に婚活を進めることが可能です。

さらにはお見合い、婚活パーティなどのイベントが定期的に行われているので、短期間の中でも出会いのチャンスが多いことが挙げられます。

自分でお相手を探すのとは違ってアドバイザーがあなたに合った異性を定期的に紹介してくれるので、効率よく出会うことができ、結果早い段階での成婚につながることが多いです。

婚活アプリに関しては、下記の記事で詳しく説明していますのでアプリについても知りたい人は是非ご覧ください。

結婚相談所で婚活~成婚までの流れを解説

婚活から成婚までの流れ
次に結婚相談所での成婚までの流れについて見ていきましょう。

結婚相談所の解説よりも先におすすめランキングを見たい方は下記のリンクをタップすればジャンプできます。

\ 人気の15社を徹底比較しました! /

結婚相談所おすすめランキングを見る>>

【入会前】無料相談、結婚相談所体験会

結婚相談所無料相談
結婚相談所の多くでは入会前にどんなところかを知ってもらう機会を設けるために無料相談や体験会というものがあります。

「結婚相談所ってハードル高いな」「料金が高そう」というイメージを持つ人も多いので、まずは結婚相談所がどんな場所なのかを実際に体験してみることはとても大切です。

それと同時に、あなたの婚活希望・料金説明・システムや内容・現在の悩み相談など無料相談を通じて、その結婚相談所が自分に合っているのかどうかを試してもらう機会でもあります。

ちなみに無料相談はほとんどの結婚相談所で行っていることなので、何社か試してから比較してみて一番合った相談所を選ぶという人も多いようです。

無料相談・体験会を実施している結婚相談所の一例
タイプ 結婚相談所名 無料相談
ハイブリッド型 IBJメンバーズ
ツヴァイ
ゼクシィ縁結びエージェント 〇(無料カウンセリング。zoomでも可)
仲人型 サンマリエ
パートナーエージェント
ハッピーカムカム 〇(予約制無料カウンセリング)
データマッチング型 オーネット 〇(無料体験)
エン婚活エージェント 〇(オンライン、電話、メール)

結婚相談所はのタイプは「仲人型(仲介型)」「データマッチング型」「ハイブリッド型」の3種類に分かれます。

それぞれの特徴とメリットは、後ほど説明する結婚相談所の賢い選び方②紹介方法は3パターンに分かれるで詳しく解説しています。

無料相談は結婚への悩みや不安を相談するだけでもOK

無料相談はどこの結婚相談所でも行われており、「入会するようセールストークされるのかな..?」と警戒する人もいると思いますが、無料相談は入会へのステップではなく、あなたの結婚への悩みや、今抱いている不安をそのまま相談するだけでも大丈夫です。

そして、疑問に思った事はすべて聞いてみるべきです。特に他社との違いや、料金部分に関しては無料相談で詳しく聞いた方が良いでしょう。料金はHPには書かれていない追加で払う費用が発生する可能性もあります。

また、仲人型の結婚相談所であれば、話したカウンセラー(アドバイザー)の対応や人柄を見るのは重要なポイントにもなります。無料相談の時間は1~2時間となります。

①結婚相談所へ入会

結婚相談所入会手続き
料金やシステムに納得した場合、入会手続きを行います。

入会に当たっては相談所が指定する証明書を用意する必要があります。下記に必要書類を挙げていますが、結婚相談所によって必要書類は異なります。

基本的には、本人証明書、独身証明書、年収証明書、学歴証明書(高専や短大の中退以上の場合)があれば入会できるところが多いです。

結婚相談所入会に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 在職証明書
  • 所得証明(女性は収入がある人のみ)
  • 住民票
  • 学歴証明書
  • 独身証明書
  • 本人写真(免許証やパスポートなど)

これは年齢や経歴の詐称などがないか、この人はお相手として紹介するのにふさわしいかなどを判断するためです。

その後、入会審査が行われ問題がなければ相談所から入会確定の連絡がきて入会確定となります。

【独身証明書とは?】
その方が結婚していないことを証明するもので、本籍地の役所で発行します。
当市で証明をお取りになる場合は、ご本人が運転免許証・旅券(パスポート)など本人確認書類をご持参のうえ、各区役所市民保険年金課・支所・地域センター・サービスセンター・市民サービスコーナー・連絡所へ請求してください。代理人が申請する場合は、委任状と代理人の本人確認書類が必要です。郵送でも受け付けできます。
(引用元:独身証明書とは何ですか。市役所で発行してくれますか?│よくある質問-岡山市

②担当コンシェルジュとカウンセリング

カウンセリング
入会確定後、写真撮影やプロフィール作成をおこない、担当するコンシェルジュとカウンセリングをしながら実際の婚活計画を立てていきます。

ここで相手のタイプや希望条件、婚活への悩みなどを話し、今後の活動の方針を決めていきます。

その後の主な流れとしては、「③検索⇒④申し込み⇒⑤お見合い」を繰り返すことで成婚を目指します。

「検索」はコンピューターを使って自ら探したり、相談所によってはコンシェルジュがお相手を紹介してくれたりするところもあります。

検索で自分の気に入ったお相手が見つかったらお相手に「申し込み」をします。申し込んだ相手からOKのお返事がきたらいよいよ「お見合い」です。

お見合いはコンシェルジュが綿密な計画を立ててくれるので、それにしたがって場所や時間を設定するようになります。あくまで結婚相談所が間に入っているので二人はその指示に従ってお見合いを行うことになります。

お見合いの後はお互いが相手のことを気に入れば仮の交際へと進み、そうでなければコンシェルジュを通じてお断りします。

⑥お見合い後にお互い気に入れば仮交際→本交際へ

お見合い後、仮交際から本交際へ
お見合いでお互いの同意があれば「仮交際」へと発展します。交際と言ってもお試し期間のため、仮交際期間は気になるお相手がいれば他の人と同時進行で交際することも可能です。

一定期間お付き合いをすることで「この人だ!」と一人に絞ることができれば、「真剣交際(本交際)」に入っていきます。

本交際期間からは一般的な恋人同士と同じなので、相手を一人に絞り真剣なお付き合いがスタートしていきます。

仮交際と真剣交際(本交際)の違いとは?
仮交際とは ・お見合い後にまた会ってみたい(デートしたい)状態を仮交際と言う
・他の人と並行して仮交際することも可能
・仮交際から結婚に向けて交際するのが真剣交際(本交際)
真剣交際(本交際)とは ・お互いに結婚を前提に真剣に交際している状態
・真剣交際中は他の人とデートはできない
・真剣交際中は他の会員を紹介されない
・真剣交際からプロポーズ→成婚退会が一連の流れ
・真剣交際しても合わなかったら交際を解消することができる
・真剣交際解消後はまたお見合いの相手探しから始まる

仮交際と真剣交際の違いを上記にまとめてみました。仮交際とは、お見合い後にお互いがもう一度会いたいと思えば「仮交際状態」になります。

あくまでも真剣交際に行く過程であり、その人がどんな人なのか、結婚への考えや将来の結婚像などをデートを重ねて知っていく期間になります。仮交際の期間は1ヶ月~3ヶ月が目安になっており、その後は結婚に向けて真剣交際していくか、別の人を探すか選択することになります。

注意点として、結婚相談所では基本的に成婚退会まで婚前交渉は禁止になっています。もし関係を持ったことが結婚相談所に知られた場合、強制退会になる可能性もあります。
では、真剣交際中はどこまでがOKなのか?気になるところですが、結婚相談所によってキスまではOKなどルールが決められていますので、事前に確認しておいた方がよいでしょう。
(参考:結婚相談所の「真剣交際」とは?「仮交際」との違いとポイント│ツヴァイ

⑦成婚(プロポーズ)

成婚(プロポーズ)
真剣交際期間を経てお相手への気持ちが固まったらプロポーズをし気持ちを伝えます。

結婚相談所でのお見合いからプロポーズまでの期間は平均1~3ヶ月程度となっており、一般の恋愛よりも早いペースで進んでいきます。

プロポーズで良いお返事がもらえたらめでたく成婚成立となり、結婚相談所を退会して結婚へと進んでいきます。

【成婚の定義は結婚相談所によって異なる!?】
結婚相談所の「成婚」とは婚姻届けを提出したり結婚式を挙げたりすることではなく、「婚約」した状態のことを言います。「成婚」の定義は婚活サービスによって異なり、結婚を見据えたお付き合い(結婚相談所でいう真剣交際したタイミング)を成婚という場合や、婚約を成婚とする場合があります。
(引用元:結婚相談所の成婚ってどんな意味?成婚退会のタイミングとは│日本結婚相談所連盟
婚活して結婚した人の中で利用トップは婚活サイト

婚活実施(利用)ごとの結婚した人の割合

婚活実態調査2021


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社⾧:北村 吉弘、以下リクルート)が運営する「リクルートブライダル総研」が発表した「婚活実態調査2021」によると、広義の婚活において、実施(利用)によって結婚できた人の割合は、婚活サイト(44.7%)や相談所(41.7%)、お見合い(22.2%)、知人に紹介を依頼(21.9%)、婚活パーティ・イベント(20.2%)となっています。

このことから、婚活サイト(アプリ)を利用して結婚した人の割合が最も高いことがわかります。しかしながら、婚活サイトと結婚相談所の割合は3%しか変わらず、結婚相談所を通して結婚した人も同じぐらい多いことが判明しています。

結婚相談所の賢い選び方①結婚相談所は大手を選ぶべし!

「結婚相談所ってどうやって選べばいいの?」「何を基準に選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは結婚相談所を選ぶ際に重視してほしいチェックポイントをご紹介していきます。

まず1つめのポイントは「大手結婚相談所」を選ぶことです。

大手結婚相談所を選ぶことのメリット

現在、結婚相談所は全国合わせてなんと3,000社以上あると言われており、大手~個人経営まで様々な相談所がありますが、今回おすすめするのは上場企業が運営している「大手結婚相談所」です。

全国でも約30社ほどしか存在しない「大手結婚相談所」のメリットは以下の通りです。

大手結婚相談所のメリット
  • 知名度が高い
  • 会員数が多い
  • 全国どこにでも存在する
  • 質の高いサービスが受けられる
  • イベントなどが豊富

大手の結婚相談所は知名度が高いので誰にでも認知されやすく、ゆえに最低1万人以上と会員数が多いところがほとんどです。

婚活は会員が多ければ多いほど出会いが多いので成婚にもつながりやすく、都心だけではなく地方にいても出会えるのが魅力です。

また、大手の相談所は「婚活のプロ」が運営しているので質の高いサービスが受けられるだけではなく、イベントやパーティなどが豊富なので出会う機会がたくさんあるのも魅力です。

また、結婚相談所ではプロのコンシェルジュによるサポートを受けることができるのですが、人間なので相性が悪かったりうまく意思疎通ができないこともあります。

そんなトラブルがあった時でも大手結婚相談所であれば多くのコンシェルジュが在籍しているので変更することができるというのも大きなメリットです。

大手結婚相談所にはデメリットもある

大手結婚相談所にはメリットがたくさんあることが分かりましたが、だからといって100%完璧かというとそうではなく、もちろん良くない点もあります。

大手結婚相談所のデメリット
  • 一人のコンシェルジュが複数の会員を担当している
  • 婚活費用が高い

上記が大手結婚相談所を利用するデメリットです。大手では一人のアドバイザーが多くの会員を担当していることが多く、あなた一人を担当している訳ではないので、100%のサポートを受けられない可能性があります。

だからといって適当にあしらわれるという訳ではないのですが、大手結婚相談所はあくまで一般的なサービスを提供しているので、個々に合わせたサポートを求めすぎても難しい場合もあります。

そして、大手結婚相談所は知名度や会社体制がしっかりしている代わりに婚活費用が高いところが多いです。

結婚相談所にもよりますが、高いところだと年間50万円以上かかるという高額な相談所も存在します。

ちなみに中小の結婚相談所や地域密着型のところだと、大手結婚相談所と比べると「費用が安い」「手厚いサポート」などのメリットがあり、リーズナブルに婚活できるところが多いようです。

ただし会員数が少ない、婚活未経験者が運営している、などデメリットも多いので一概におすすめできないのが現状です。

結婚相談所の賢い選び方②紹介方法は3パターンに分かれる

次に知っておいてほしいことは結婚相談所は「仲人紹介型(仲介型)」「データマッチング型」「ハイブリッド型」の3タイプに分かれるということです。

ではそれぞれどういうものなのかを詳しく見ていきましょう。

「仲人紹介型(仲介型)」結婚相談所のメリット・デメリット

仲人紹介型(仲介型)とは担当のコンシェルジュがマンツーマンであなたの婚活をサポートしたり、お相手を紹介してくれるパターンを言います。

仲人紹介型のメリット
  • コンシェルジュと共に婚活できる
  • 手厚いサポートが受けられる

仲人型結婚相談所のメリットは上記の2つがあります。

特に結婚相談所が初めての方の場合、どう活動してよいか分からないことが多いのですが、仲人型を利用することでマンツーマンサポートが受けられる上に紹介、お見合いなど全てセッティングまで行ってくれるので婚活をスムーズに進めることができます。

仲人紹介型のデメリット
  • 料金が高い
  • 紹介を待つだけなので積極的に婚活したい人には不向き
  • 紹介の相手が結婚相談所内の会員に限られる

仲人型のデメリットは、サポートが充実している分料金が高い傾向にあり、年間30万円~50万円くらいかかるところが多くなっています。

また、基本的にはコンシェルジュやアドバイザーからの紹介を待つことになるため、積極的に自分で婚活を進めていきたい人は、時にはモヤモヤすることもあるかもしれません。そして仲人型は相談所内の会員しか出会えないこともデメリットになります。

仲人型はこんな人におすすめ!✓婚活初めての人
✓手厚いサポートを求めている人
✓第三者のアドバイスを受けたい人

「データマッチング型」のメリット・デメリット

データマッチング型とは、プロフィールや希望条件をもとにコンピュータがお相手を紹介してくれるパターンの相談所のことで、あなたの性格や価値観を分析しながらお似合いの異性を紹介してくれるようになっています。

データマッチング型のメリット
  • 料金がリーズナブル
  • 自分のペースで進められる
  • 紹介される人数が多い

データマッチング型結婚相談所のメリットは、上記の点が挙げられます。仲人紹介型と違ってコンピュータマッチングなので、人の意見に左右されることなくマイペースで婚活を進めていきたい人にぴったりですね。

仲人型と比べると料金がリーズナブルなところが多く、年間10万円~30万円くらいとなっているので、婚活にお金をかけたくない人にもおすすめです。

また、データマッチング型の結婚相談所が多いため多くの会員から相手を探すことが出来るので、仲人型よりも圧倒的に検索人数は多くなります。

データマッチング型のデメリット
  • 自分自身で婚活を進める必要がある
  • コンシェルジュやアドバイザーからのサポートを受けられない

データマッチング型のデメリットは、自分自身で婚活(お見合いなど)を進めていかなければならない点です。婚活に積極的な人には向いていますが、なかなか行動できない人やめんどくさがりな人には仲人紹介型の方が合っているかもしれません。

また、コンシェルジュや婚活アドバイザーからのサポートも受けられないデメリットがあります。いままでの恋愛で失敗が多い人など、自分の見る目に自信がない人は仲人型で相談をしつつ婚活をした方が良い場合もあります。

データマッチング型はこんな人におすすめ!✓リーズナブルに婚活したい人
✓多くの人と出会いたい人
✓人から指示されたくない人

「ハイブリッド型」のメリット・デメリット

ハイブリッド型のメリット
  • データベースでお相手を探しながら、サポートも受けられる
  • 仲人型とデータマッチング型を兼ね備えているため効率的に婚活ができる

ハイブリッド型は、仲人紹介型とデータマッチング型を兼ね備えたタイプの結婚相談所になります。そのため、データベースでお相手を積極的に探して、相談したいことがあればコンシェルジュやアドバイザーのサポートを受けることも可能になっています。

ハイブリッド型の有名結婚相談所は、IBJメンバーズツヴァイゼクシィ縁結びエージェントなどがあります。

ハイブリッド型のデメリット
  • 料金が仲人型と同程度に高い
  • 仲人型のサポートに比べると劣る

ハイブリッド型のデメリットは、やはり料金が仲人型並みに高くなる点です。コンシェルジュからの紹介もあるため、料金はデータマッチング型に比べると高くなります。

また、コンシェルジュやアドバイザーのサポートはありますが、仲人型と比べるとサポート面では劣ることもデメリットと言えます。

ハイブリッド型はこんな人におすすめ!✓データベースで検索しながら紹介も受けたい人
✓効率よく婚活を進めたい人
✓ある程度のサポートを受けたい人

以上のとおり、結婚相談所は仲人型・データマッチング型・ハイブリッド型の3つのパターンに分かれています。自分がどちらが合っているかによっても選び方も変わってきます。

自分が求めている婚活により合っている結婚相談所を選ぶためにもタイプを参考にしてみると良いでしょう。

結婚相談所の賢い選び方③結婚相談所を選ぶための4つのポイント

結婚相談所を選ぶ時に失敗しないためにも、より細かい部分までチェックすることが大事です。

結婚相談所を選ぶ際の大事な4つのチェックポイントを見ていきましょう。

出会いは「会員数」で決まる

結婚相談所での出会いの数は、会員数の多い少ないで決まってしまいます。

いくらサポートが充実している相談所でも会員数が少なければ良いお相手と出会うことができません。

より多くの選択肢の中から選ぶことができたほうが自分にぴったりの結婚相手と巡り会うことができますので会員数が大いに越したことはありません。

結婚相談所をチェックする際は最低でも1万人以上の会員数のところを選ぶことをおすすめします。

自分に合った「料金プラン」かどうか

結婚相談所を決める上で重要なのが、自分にとって料金が妥当かどうかということです。

ここがいいなと思っても料金が高すぎると長く続けることはできませんので、最低でも1年くらいは継続利用するつもりで料金を計算することが必要です。

ちなみに結婚相談所でかかる費用は下記のとおりです。

入会金 3万円~10万円
初期費用・事務手数料 3万円~10万円
(プロフィール写真などの活動準備費)
月会費 1万円~3万円
成婚料 0円~20万円
その他 イベント、パーティ参加料、セミナー費用など

結婚相談所の費用は入会時にある程度まとめて支払うところが多いようなので、キャンセル料や途中退会の場合の返金の有無なども含めてよく確認しておくことが大事です。

出会いたい「年齢層」が多いかどうか

結婚相談所では登録している会員の年齢層を細かく公開しているところが多いので必ずチェックしておきましょう。

ここでチェックするのは自分と同年代がいるかどうかではなく、あくまで自分が出会いたい年齢層が多いかどうかが大事です。

自分が結婚相手として求めている年齢層の異性がたくさん登録している結婚相談所の方が断然出会いは多くなるので、具体的にどれくらいの人数が登録しているのかをあらかじめ把握しておきましょう。

婚活する上で「サポート体制」も大事

結婚相談所がどの程度までサポートしてくれるのかを調べておくことも大事です。

例えば写真撮影やプロフィール作成など一から全てサポートしてくれるのかどうか、また、お見合いのセッティングはしてくれるのか、お相手とのやり取りの時はどこまで介入してくれるのか、などです。

特に婚活経験のない人は、どこまでサポートしてほしいのかを明確にし相談所の内容と合っているのかチェックしておきましょう。

【タイプ別】結婚相談所おすすめ人気ランキング15選!

今回は数ある結婚相談所の中でも特に人気が高いおすすめだけを、「ハイブリッド型」「仲人(仲介)型」「データマッチング型」のタイプ別にわけてランキング形式でご紹介していきます。

冒頭の総合ランキングよりもさらに細かく分けたタイプ別となります。「どの結婚相談所がいいの?」と迷っている人はぜひ参考にしてみて下さい。

「ハイブリッド型」の結婚相談所3選を紹介

ハイブリッド型結婚相談所
仲人型とデータマッチング型の二つのタイプを持ち合わせる「ハイブリッド型」が最近では主流になりつつあります。

データマッチング型に比べると料金は高くなってしまいますが、「将来共に過ごすお相手を見つけるなら妥協したくない」と考える人などから人気となっています。

1位 リクルートが手掛けるリーズナブルな相談所「ゼクシィ縁結びエージェント」

ゼクシィ縁結びエージェント

総合評価 5.0
会員数 自社会員約23,400人
年齢層 男性:30代~40代
女性:20代~30代後半
成婚率 26.2%
料金
(スタンダードプランの場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:0円
・月会費:17,600円
・成婚料:0円
ゼクシィ縁結びエージェントを1年利用して
成婚した場合の費用
約244,200円

「ゼクシィ縁結びエージェント」は結婚情報誌「ゼクシィ」で有名なリクルートが手掛ける人気の結婚相談所です。

ゼクシィ縁結びエージェントは、サポートが充実している割に料金は業界の約半額という破格の設定となっており、入会金、月会費以外一切かからないのでコスパの良い結婚相談所を探している人にはかなりおすすめです。

そして活動スタイルに合わせて3つの料金プランから選ぶことができ、必要に応じて会員パーティやセミナーなどを組み合わせて利用することができるので、自分スタイルの婚活が実現しやすい相談所でもあります。

ゼクシィ縁結びエージェント公式サイトはこちら>>

2位 地方にも強い大手の結婚相談所「ツヴァイ」

ツヴァイ

総合評価 4.8
会員数 自社会員約27,000人(紹介可能会員数約90,000人)
年齢層 男性:20代~40代
女性:20代~30代
成婚率 非公開
料金
(ご紹介コースの場合)
・入会金:115,500円
・初期費用:0円
・月会費:15,400円
・成婚料:0円
ツヴァイを1年利用して
成婚した場合の費用
約300,300円(お見合い料別途発生)

「ツヴァイ」は全国に50店舗を展開する大手結婚相談所で、ハイブリッド型ではおすすめの結婚相談所です。ツヴァイは自社会員だけでも27,000人となっており、グループ企業の会員数を合わせると90,000人以上の会員から選ぶことが可能です。

結婚相談所の入会が不安な場合でも、価値観診断・マッチングシミュレーションなど入会前にさまざまな無料体験ができるのが魅力です。

どちらかと言うとデータマッチング型傾向が強い結婚相談所を利用したいけれど、初めてで不安だという人はぜひツヴァイの無料体験から始めてみることをおすすめします。

ツヴァイ公式サイトはこちら>>

3位 サポート力の高さと出会いの豊富さなら「IBJメンバーズ」

IBJメンバーズ

総合評価 4.7
会員数 約70,000人
年齢層 男性:20代~40代
女性:20代後半~30代
成婚率 50.4%
料金
(アシストプラスコースの場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:263,450円
・月会費:17,050円
・成婚料:220,000円
IBJメンバーズを1年利用して
成婚した場合の費用
約721,050円

「IBJメンバーズ」は知名度&実績が豊富で数ある結婚相談所の中でも1、2を争うほどの人気となっています。

アドバイザーの完全サポートはもちろんのこと、IBJメンバーズの強みは多彩な出会いスタイルが用意されていることです。

紹介や検索以外にも、「AIマッチング」「婚活パーティ」「みんなのフォト」など独自の出会いツールが豊富なので料金が少々お高めではありますが、それに見合った機能が充実している点がメリットです。

出会う方法も豊富でサポート力も高いIBJメンバーズですが、敢えてデメリットをあげると、北海道・東北地方と中国・四国地方に店舗が一切ないので、該当の地方に住んでいる人は利用できないのが残念な点です。

IBJメンバーズ公式サイトはこちら>>

「仲人型」の結婚相談所おすすめ人気ランキング7選

仲人型結婚相談所
続いて、サポート抜群の仲人型の中で特に人気が高いおすすめの結婚相談所を7つご紹介していきます。

仲人型はコンシェルジュやアドバイザーが一緒に成婚までの計画を立ててくれるので、婚活にあまり自信が持てない人にもおすすめできます。

1位 プロによる完全サポートを求めるなら「サンマリエ」

サンマリエ

総合評価 4.8
会員数 約71,000人
年齢層 男性:30代~40代
女性:20代後半~40代
成婚率 1年以内の成婚率94.4%
料金
(プレミアムコースの場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:187,000円
・月会費:17,600円
・成婚料:220,000円
サンマリエを1年利用して
成婚した場合の費用
約651,200円

「サンマリエ」は創業40年以上を誇る老舗となっており、担当のコンシェルジュが完全にサポートしてくれる仲人型結婚相談所です。

会員数も業界1,2を誇っておりコンピュータマッチングも採用していますが、基本的にハンドメイドのマッチングサービスを提供しているので初めての人でも安心です。

全部で4つのコースから自分に合ったコースを選ぶことができるのが特徴で、もしお見合いが3ヶ月以内に成立しなければ返金保証もついているので安心して婚活することができます。

サンマリエはサポート力の高さと保証制度など総合的にバランスの良い満足度の高い結婚相談所なので、どこにしようか迷ったらここがイチオシです。

サンマリエ公式サイトはこちら>>

2位 短期間での成婚を目指すなら「パートナーエージェント」

パートナーエージェント

総合評価 4.6
会員数 約29,000人
年齢層 男性:30代~40代
女性:20代~30代
成婚率 27.0%(1年以内の成婚率65.6%)
料金
(コンシェルジュコースの場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:104,500円
・月会費:18,700円
・成婚料:55,000円
パートナーエージェントを1年利用して
成婚した場合の費用
約416,900円

「パートナーエージェント」は日本全国に店舗が存在する、国内でも有数の結婚相談所となっており、専任のコンシェルジュによる完全サポートで効率よく婚活ができると評判です。

公式サイトによると登録から4ヶ月目での成婚が最多となっているので、短期成婚を目指す方にもおすすめです。

パートナーエージェントは値段の割にサポート力が高いのが特徴で、カップルのコンシェルジュ同士が上手く連携しお相手との円満な交際をサポートしてくれます。

また、返金保証や成婚後のフォローなども充実しているので初めての婚活でも安心して利用することができます。

パートナーエージェント公式サイトはこちら>>

3位 いろんな年齢層の婚活に合わせてサポートする「ノッツェ」

ノッツェ

総合評価 4.3
会員数 約40,000人
年齢層 男性:20代後半~40代
女性:20代~40代前半
成婚率 非公開
料金
(お見合いアシストコースの場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:52,250円
・月会費:21,450円
・成婚料:110,000円
ノッツェを1年利用して
成婚した場合の費用
約452,650円

「ノッツェ」は創業26年の老舗結婚相談所として全国21支店を持つ人気店でもあります。ノッツェは料金コースが複数用意されているので自分に合ったコースを選ぶことがきるのが最大の魅力です。

また、最近では「DNAマッチングコース」「動画検索機能」など他の相談所にはないサービスを展開しています。

結婚相談所というとどうしても20代、30代中心になりがちですが、ノッツェでは年齢別のサポートをはじめ、バツイチ、シングルファザー・シングルマザーなど様々な人の婚活をサポートしてくれるのでその受け入れの幅広さが人気となっているようです。

ノッツェでは「無料パートナー紹介」サービスをしており、お相手の希望条件を入力するだけでご希望にあったお相手の写真付きプロフィールを送るサービスがあります。結婚相談所への入会申し込みではなく、無料で希望のお相手を探せるので非常に人気になっています。

もし気になるお相手がいた場合、結婚情報センターに登録後、交際申込みをスタートすることができます。まずはノッツェの無料パートナー紹介から検索してみるのがおすすめです。

ノッツェ無料パートナー紹介公式サイトはこちら>>

4位 ワンランク上の婚活と会員の質の高さなら「ハッピーカムカム」

ハッピーカムカム

総合評価 4.2
会員数 約50,000人
年齢層 男性:20代後半~40代前半
女性:20代~30代前半
成婚率 54.5%(1年以内)
料金
(通常コースの場合)
・入会金:55,000円
・初期費用:33,000円
・月会費:16,500円
・成婚料:165,000円
ハッピーカムカムを1年利用して
成婚した場合の費用
約451,000円

「ハッピーカムカム」は雑誌やメディアでも頻繁に取り上げられている人気の結婚相談所です。恵比寿・銀座に店舗があり、会員の質も高いことからワンランク上の結婚相談所として一目置かれている存在でもあります。

会員の質と徹底したサポートを保つために人数制限を設けているのが特徴で、退会者が出たら入会できるという仕組みになっています。

担当のアドバイザーとじっくり話し合い綿密な婚活計画を立てることができるので、自分に合った婚活をすることができます。

ハッピーカムカムでは1年以内に2人に1人が成婚しており、平均1ヶ月でお相手に会うことができるので、実績重視の人にもかなりおすすめです。

ハッピーカムカム公式サイトはこちら>>

5位 手厚いサポート&早期成婚を目指すなら「クラブ・マリッジ」

クラブマリッジ

総合評価 4.1
会員数 約68,000人
年齢層 男性:30代~40代
女性:30代半ば~40代前半
成婚率 98.0%(お見合い成婚率)
料金
(スタンダードコースの場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:253,000円
・月会費:16,500円
・成婚料:220,000円
クラブ・マリッジを1年利用して
成婚した場合の費用
約704,000円

「クラブ・マリッジ」は手厚いサポートで効率よく成婚を目指すことができる関東圏で人気の結婚相談所です。

クラブ・マリッジはとにかく早く結婚したい人や、今まで他の結婚相談所でうまくいかなかった人にもおすすめで、成婚までの期間が短く成婚率が高いのが魅力です。

特に時間制限がある人には「スマートコース」という成功報酬型コースも用意されており、料金は高めですが結果に結びつきやすいのが特徴です。

今までの結婚相談所では物足りない、もっと早く結婚したい、と言う人はクラブ・マリッジの手厚いサポート力をぜひ実感してみることをおすすめします。

クラブ・マリッジ公式サイトはこちら>>

6位 完全サポートで始めての婚活も安心「WeBCon」

webcon ウェブコン

総合評価 4.0
会員数 非公開
年齢層 男性:20代半ば~50代
女性:20代~40代
成婚率 非公開
料金
(ウェブコース【男性】の場合)
・入会金:0円
・初期費用:330,000円
・月会費:0円
・成婚料:0円
※ウェブコースは1年間利用可能(条件によっては延長の可能性あり)
料金
(プリンセスコース【女性】の場合)
・入会金:0円
・初期費用:0円
・月会費:0円
・成婚料:220,000円
※プリンセスコースは1年間利用可能

「ウェブコン」はお相手探しから成婚まで専任のカウンセラーが完全サポートしてくれる仲人型の結婚相談所です。

詳しい成婚率などは公表していませんが、出逢ってから成婚までの平均は約3.6ヶ月となっているのでかなりの早期成婚が望めると言って良いでしょう。

婚活やお見合いが初めての人でも、カウンセラーが相手になってお見合いシミュレーションをしてくれたり、服装コーディネートや会話のアドバイスをしてくれたりと至れりつくせりなのが魅力です。

1年間の間にお見合いができなかった場合は、期間延長や返金保証もついているので安心です。

ウェブコン公式サイトはこちら>>

7位 ハイステータスなお相手を求めるなら「マリッジクラブ・ウィッシュ」

結婚相談所 ウィッシュ

総合評価 3.9
会員数 約40,000人
年齢層 男性:20代~40代
女性:20代後半~40代前半
成婚率 64.0%(1年以内の成婚率65.6%)
料金
(ステータスコース【男性】の場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:0円
・月会費:0円
・成婚料:330,000円
料金
(セレブリティコース【女性】の場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:217,800円
・月会費:22,000円(~6ヶ月目まで)、16500円(7ヶ月目~)
・成婚料:0円
ウィッシュを1年利用して
成婚した場合の費用
約481,800円

「ウィッシュ」は横浜、東京、渋谷の3店舗を展開しているハイクラスな結婚相談所です。男性の9割が年収600万円以上となっており、ハイクラスな男女を集めている仲人型の結婚相談所です。

ウィッシュはかなり厳しい入会条件をクリアした男性が多く、高学歴、高収入などステータスを求める女性にピッタリです。

女性に関しても最低でも短大卒以上の資格を持っていることが条件となっており、ワンランク上の男女の出会いをサポートしてくれる結婚相談所として評判です。

ウィッシュ公式サイトはこちら>>

「データマッチング型」の結婚相談所おすすめ人気ランキング5選

データマッチング型結婚相談所
コスパ抜群のデータマッチング型の中で、特に人気が高いおすすめの結婚相談所を5つご紹介していきます。

データマッチング型はマッチングアプリのように、自分から積極的に婚活ができる人にはリーズナブルでとてもおすすめと言えます。

1位 コスパとサービスのバランスを兼ね備えた「オーネット」

オーネット

総合評価 4.8
会員数 約48,000人
年齢層 男女ともに20代後半~30代
成婚率 非公開
料金
(プレミアムプランの場合)
・入会金:33,000円
・初期費用:83,600円
・月会費:16,500円
・成婚料:0円
オーネットを1年利用して
成婚した場合の費用
約314,600円

「オーネット」は全国に40店舗を展開する人気結婚相談所であり、会員数も5万人とかなり多いので、どこにしようか迷ったらとりあえずここを選んでおけば間違いがない相談所だと言えます。

無料の結婚チャンステストからはじまり、データマッチングや検索によるお相手探しなど自分ペースで進めることができるのも魅力で、時には店舗でコーディネーターによるサポートが受けられる点もおすすめです。

月々の料金はさほど安くないですが、成婚料が0円であること、お見合い料がかからないなど、何かとコスパ良く婚活することができるので初めての人にもおすすめです。

オーネット公式サイトはこちら>>

2位 コスパ&満足度No.1を誇る「エン婚活エージェント」

エン婚活エージェント

総合評価 4.6
会員数 30,000人
年齢層 男女ともに30代~40代
成婚率 6ヶ月以内30%、1年以内90%
料金
(通常プランの場合)
・入会金:10,780円
・初期費用:0円
・月会費:14,300円
・成婚料:0円
エン婚活エージェントを1年利用して
成婚した場合の費用
約182,380円

「エン婚活エージェント」は顧客満足度・コスパ満足度No.1を誇る人気の結婚相談所です。データマッチング型とはいってもサポート力も抜群で、専任コンシェルジュのサポートを受けることができるので初心者にもおすすめです。

また、休会制度や返金保証なども充実しているので、いざという時にも安心です。

HPによると1年以内に成婚した人は全体の90%と驚異の成婚率を誇っており、平均活動期間は約6.7ヶ月となっているので、早めに結果を出したい人にもおすすめです。

エン婚活エージェント公式サイトはこちら>>

3位 低価格の結婚相談所をお探しなら「スマリッジ」

スマリッジ

総合評価 4.3
会員数 55,000人
年齢層 男女ともに30代~50代
成婚率 非公開
料金
(通常プランの場合)
・入会金:6,600円
・初期費用:0円
・月会費:9,900円
・成婚料:0円
スマリッジを1年利用して
成婚した場合の費用
約125,400円

「スマリッジ」は業界でもトップクラスの低価格を実現した結婚相談所です。結婚相談所でありながら1ヶ月あたり1万円以下で始められるのが魅力で、余計なサポートが付いていない代わりに低価格で始めることができます。

とはいっても必要に応じてコンシェルジュのサポートや有料プランを付けることもできるので無駄がありません。

成婚率は非公開となっていますがHPによると成婚退会までの平均活動期間は約5.4ヶ月となっており、コスパ良く使いたい人にはかなりおすすめです。

スマリッジ公式サイトはこちら>>

4位 低価格なのにサポート力も抜群「naco-do(ナコード)」

naco-do ナコード

総合評価 4.1
会員数 119,000人(提携先含む)
年齢層 男女ともに20代~40代
成婚率 37%(1年以内)
料金
(6ヶ月プランの場合)
・入会金:0円
・初期費用:0円
・月会費:6,980円
・成婚料:0円
naco-doを1年利用して
成婚した場合の費用
約83,760円(お見合い2件目以降1,000円)

「naco-do(ナコード)」は2019年にリリースした新しい結婚相談所で、時代のニーズに合ったサービスを提供しているおすすめの相談所です。

ナコードは大手の結婚相談所が加入しているデータベースに加盟しているので、自社会員以外にも幅広い出会いが期待できます。

低価格でオンライン上で完結するのはスマリッジと同じですが、どちらかといえばナコードの方がサポートが手厚い印象です。ナコードは入会するとまずプランニング面談が行われ、その後も定期的に面談をしたりチャットサポートを受けることができるので、一人で悩みがちなオンラインでの婚活でも安心です。

他の加盟グループとも連携しているので紹介人数が多く、幅広い利用者から選びたい人にもおすすめです。

naco-do公式サイトはこちら>>

5位 忙しい人でも空いた時間で婚活ができる「ペアーズエンゲージ」

ペアーズエンゲージ

総合評価 4.0
会員数 30,000人
年齢層 男女ともに20代後半~30代前半
成婚率 非公開
料金
(スタンダードプランの場合)
・入会金:12,000円
・初期費用:0円
・月会費:12,000円
・成婚料:0円
ペアーズエンゲージを1年利用して
成婚した場合の費用
約156,000円

「ペアーズエンゲージ」はマッチングアプリペアーズ」が手掛けた人気の結婚相談所です。

ペアーズエンゲージは今までの結婚相談所とは違い、全てがオンライン上で完結する仕組みになっているので、忙しい人や自分ペースで婚活したい人にはもってこいです。

とはいっても、チャットで24時間相談できたり、コンシェルジュによるアドバイスを受けることもできるので困った時でも安心です。

必要書類もオンラインで提出するので来店の必要は全くなく、顔合わせもオンライン・対面から選ぶことができます。料金もリーズナブルなので負担が少なく、今の生活スタイルを変えずに婚活したい人にはぴったりです。

ペアーズエンゲージ公式サイトはこちら>>

結婚相談所を120%活用し早期成婚するための6つの鉄則

同じ結婚相談所を利用していても、1ヶ月で成婚に至る人と1年以上かかる人、残念ながら結婚に至らない人もいます。

では結婚相談所で早期成婚するためには何が必要なのでしょうか?

ここからは、早期成婚のための6つの鉄則をご紹介します。

①結婚相談所にまかせっきりにしない

よくありがちなのが「結婚相談所にお金を払ったからあとは任せよう」とすることです。

結婚相談所ではもちろんコンシェルジュがお相手を紹介したりお見合いセッティングを行ったりしてくれますが、あくまでも最低限のサポートのみです。

当の本人が受け身でやる気がなければそれっきりになってしまい、毎月の会費が無駄になるだけです。

結婚相談所は任せるものではなく、あくまで自分主体で婚活を行い、足りない部分をサポートしてもらうという使い方をしていきましょう。

②プロフィール写真にこだわる

結婚相談所で最初に登録するプロフィール写真ですが、写真のでき次第でお見合いの数が左右されると言っても過言ではありません。

適当な自撮り写真を載せている人もたまにいますが、これではなかなかお見合いにつながりにくく、写真で損をしていると言われかねません。

特にデータマッチング型だと入会後に写真を撮ってもらう機会がないことが多いので、その場合は手抜きせずに自ら写真館で撮ってもらうことをおすすめします。

③高望みやこだわりすぎない

お相手を探す時に外見、条件面などあまりにもこだわりすぎるとなかなか出会えないことが多いです。

例えば「年収は○○万円以上」「イケメン(美人)」など、あまりに高望みしすぎると該当する会員が絞られてしまい良い出会いを逃してしまうかも知れません。

それよりも条件面は最低限のこだわりだけにしておいて、とにかくお見合いをしてみる、積極的に会ってみることが大事です。

条件は合っていなくても、実際にお話ししてみると価値観が合うことも多く、その方が良い出会いに繋がりやすいです。

④結婚に対する明確なビジョンを持つ

結婚相談所に登録してただ何となく利用していてもなかなか成婚に結びつかないことが多いです。

婚活を始める時は「何歳までには結婚したい」という具体的な期限や明確な目標を持つことが大事です。

そうすれば、「いつまでに婚活する」「今月は何人とお見合いしてみよう」など、おのずとやるべきことがはっきりとするので活動しやすくなりますし、結果に結びつきやすくなります。

⑤自分磨きを忘れない

婚活をしていてありがちなのが結婚がゴールだと思ってしまうことです。

結婚するのはもちろん目標ではありますが、結婚したから終わり、ゴールではなくて、結婚は人生のあらたなスタート地点に過ぎません。

ですので、婚活ばかりにとらわれすぎずに同時に自分磨きをしていきましょう。服装や髪型などおしゃれにするのも良いでしょうし、趣味を極めるのもおすすめです。

また、会話術を磨いたり結婚生活のために家事スキルを磨いておくのも良いでしょう。

そうしてどんどん魅力的な自分になっていくことでおのずと異性から申し込みされる機会も増えていきます。

自分磨きは自分にとってもプラスになりますし、婚活の面でもプラスが大きいので是非実践していきましょう。

⑥積極的に参加する

早期成婚を目指すためにも、とにかく結婚相談所で利用できる機能はとことん利用していきましょう。

自分からアクションを起こすのが苦手、お相手を紹介されてから動くという人もいますが、せっかくお金を払っているのですからこれではもったいないです。

自ら気になる相手に申し込んだりイベントに参加したり、婚活パーティに参加したり、出会いを少しでも増やした方が成婚率も上がりますので結果的に早く結婚することが出来るでしょう。

結婚相談所おすすめ人気15選!まとめ

今回は結婚相談所の選び方と人気おすすめランキングをご紹介してきました。

結婚相談所はただ何となく選んでも、自分に合っていないとお金と時間の無駄になってしまいますし、何より結婚が遠のいてしまうだけです。

結婚相談所を選ぶ際は何を重視するのかを明確にすることが大事で、自分の婚活スタイルによって「仲人型」「データマッチング型」のどちらが合っているのかを選んでいきましょう。

多くの結婚相談所では入会前に無料相談や体験会などをおこなっているので、まずは数社試してみて一番自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

「結婚したい!」と少しでも思っている人は結婚相談所をきっかけにして素敵な結婚への出会いへとつなげて頂ければ幸いです!

この記事を書いた人

emi

30歳、婚活歴3年。主にOmiai、ペアーズをマッチングアプリでは使用。複数の結婚相談所にも登録経験あり。婚活中で出会った人数は20人以上。マッチングアプリや結婚相談所のリアルを書いている。

※本記事はブラザーMath Life(ドメイン所有者:株式会社ブラザーモータース)と提携するマッチングアプリのPR情報を含んでおります。
※当社はマッチングアプリの情報提供を目的としており、アプリへの登録を斡旋をするものではありません。
※当社に掲載されているマッチングアプリに関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各アプリ運営会社へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※当社に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※マッチングアプリへの登録は、必ずご自身で各公式ホームページで内容をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※車検やキズ・ヘコミの修理等に関しましては最寄りの店舗へ来店・電話もしくはメールでのお問い合わせをお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました