5万円~10万円を借りたい!即日に審査なしでお金を借りる方法を解説

5万円、10万円借りたい お金の知識

「クレジットカードの引き落としにあと5万円足りない!」

「今月の家賃10万円がどうしても工面できない」

こんな悩みは誰にでもあることです。5万円や10万円が必要になったときに貯金があれば問題ないのですが、銀行に残高がないときは、どこかで借りてくるしかありません。

ただ「たった5万円を借りるのに面倒な審査が伴う」など、融資までに時間がかかることは避けたいものです。

そこでこの記事は、5万円~10万円をすぐに借りたいときの借り入れ先を、いくつかご紹介します。

審査なしで即日借りれるかどうかについても詳しく解説しますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローン、レイクALSAなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

この記事の監修者

木山浩二

国家資格の第1回貸金業務取扱主任者試験合格。中堅消費者金融に約15年勤務し、入社後約7年で大型店の店長となる。融資受付から審査の決裁、延滞管理まですべて行う。弁護士との任意整理交渉、特定調停、個人再生、破産、過払い金返還請求などの債務整理業務や、債権者からの貸金訴訟、支払い督促、強制執行(動産・不動産)も経験済み。現在はFPの知識を深め、お金に関するWEBメディア制作を行っている。

  1. 5万円借りたいときに覚えておきたい5つの借入方法
    1. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
      1. クレジットカードの現金化は危険!
    2. カードローンで5万円だけ借りる
    3. 質屋なら審査なしでお金を借りれる
    4. 親や知人からお金を借りる
    5. 給料を前借りする
  2. 10万円を即日借りたいときは消費者金融が最適
    1. 消費者金融が少額融資に最適な理由
    2. アプリローンなら夜間でも10万円借り入れ可能
    3. 土日でも振込キャッシングで即日借りられる
    4. 少額融資なら無利息キャッシングが可能
  3. 少額を借りるのに最適なカードローン
    1. レイクALSAなら5万円融資で180日間無利息
    2. プロミスならアプリで即日融資も可能
    3. アイフルは急ぎの融資にも対応可能
    4. SMBCモビットのWEB完結申込なら職場への連絡なしで借りられる
  4. 10万円をすぐ借りたいなら銀行カードローンはNG!
    1. 銀行カードローンが即日融資に対応しない理由
    2. 収入や勤続年数の条件が厳しい銀行カードローンも!
    3. 三井住友銀行カードローンのローン契約機なら急ぎの融資にも対応
    4. みずほ銀行カードローンはキャッシュカード一体型で便利
  5. 5万円・10万円は審査なしでは借りられない
    1. 審査なしで借りるなら生命保険の契約者貸付制度
    2. 緊急小口資金なら無職でも10万円が借りられる
    3. 返済期間を先延ばしにできるローンもある!
  6. 注意点!無職やブラックの人はカードローンを利用できない
    1. 大手消費者金融カードローンは無職の人には融資をしていない
    2. 「ブラックでも審査通過」中小消費者金融の噂はウソ!
    3. ブラックでも融資可能な個人間融資には要注意
    4. 配偶者に収入があるなら無職の専業主婦でも借入可能
    5. 債務整理中の人はカードローンの利用はできない
  7. 5万円~10万円借りる/まとめ

5万円借りたいときに覚えておきたい5つの借入方法

5万円借りる方法
まず、5万円だけ借りるなら以下5つの方法があります。

このほかにもお金を借りる方法はありますが、審査に時間がかかったり、面倒な手続きが必要になるケースがほとんどです。

できるだけ早く5万円を借りたいなら、以下の方法を検討してみましょう。

5万円を借りる方法
  1. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  2. カードローンで5万円だけ借りる
  3. 質屋で借りる
  4. 親や知人から借りる
  5. 給料を前借りする

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードのキャッシング枠
手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があるなら、カードを使ってキャッシングできる場合があります。

ただしクレジットカードの利用枠は、「ショッピング枠とキャッシング枠の合算」である点に注意が必要です。

たとえば、「クレジットカードの利用枠50万円(内キャッシング枠20万円)」となっている場合なら、ショッピング枠で50万円を使い切った場合、20万円のキャッシング枠は残っていません。

クレジットカードにキャッシング枠が設定されていない場合は、あらためてキャッシング枠の申し込みが必要となります。キャッシング枠を設定してもらうには、「安定した収入があること」が条件となり、審査を通過する必要があります。

したがって無職や専業主婦の人は、キャッシング枠の審査通過は難しいかもしれません。クレジットカードおすすめは下記の記事で詳しく紹介しています。

クレジットカードの現金化は危険!

どうしても5万円が必要な場合、「クレジットカードの現金化」を考える人もいるかもしれません。

「クレジットカードの現金化」とは、カードを使ってショッピングをし、買った品物を転売して現金を手に入れる方法のことを指します。

たしかに一見すると手軽な方法かもしれませんが、以下の点を考えると、クレジットカードの現金化はやめたほうがいいでしょう。

クレカ現金化がダメな理由
  • 現金化を目的としたカードの利用は、カード会社の規約違反になる
  • カード会社の規約違反が発生すると、クレジットカードが強制解約となる可能性がある
  • クレジットカードの現金化を使った詐欺行為の被害にあう可能性がある。

ちなみに国民生活センターの資料では、クレジットカードの現金化にまつわる詐欺行為に関する情報がいくつか寄せられています。

参考国民生活センター/「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110617_1.pdf

クレジットカード会社も現金化を目的にした利用に目を光らせており、セキュリティを強化しています。

カードの利用状況は24時間監視されており、以下のような事態が発生すると、カードの利用が停止になる場合もあります。

カード停止になるケース
  • 普段利用しないような地域で多額の買い物を繰り返している
  • 高額な商品を、何個も同じ場所で購入している
  • 新幹線の回数券など、換金性の高いチケットを大量に購入している

「急にクレジットカードが使えない」といったことにならないためにも、クレジットカードの現金化は利用しないように注意しましょう。

カードローンで5万円だけ借りる

カードローンで5万円借りる
お金がない時に5万円~10万円だけを借りたいなら、カードローンがおすすめです。

カードローンは、契約さえ完了すれば1,000円単位で借りられるケースも多く、「1日だけ借りる」「1ヶ月だけ借りる」といった短期の利用も可能です。

カードローンで借りたあと、手持ちの資金に余裕ができたら随時返済もできます。

おすすめカードローンについては後ほどご紹介しますが、少額融資なら以下のようなカードローンがいいでしょう。

少額融資に適したローン
  • 申し込み手続きが簡単でWEBやアプリで申し込めるカードローン
  • 即日融資が可能なローン
  • 必要な金額だけ借りられて、返したいときに返せるカードローン
  • 無利息キャッシングなど、特典があるカードローン

質屋なら審査なしでお金を借りれる

質屋なら審査なしでお金を借りれる
審査なしで5万円を借りたいなら、質屋もいいでしょう。

換金性の高いブランド品や貴金属を持っているなら、質屋で査定してもらいお金を借りることも可能です。

質屋を利用する場合は、簡単な身分証明書と商品さえあればお金が借りられます。カードローン審査のような、信用情報の調査などは行われませんし、実家や勤務先へ電話の在籍確認なしで借りることができます。

ただし、質屋でお金を借りる場合は、金利に注意が必要です。通常、質屋の店舗には1%~5%前後の金利が掲示されていますが、その金利は年率ではなく「月利」です。

実質年率で計算すると年50%前後になるケースもありますので、預けた品物を返して欲しいなら、早めの返済を心がけましょう。

親や知人からお金を借りる

親や友人からお金を借りる
短期間で返済する目途がついている場合は、親や知人から借りることもできるでしょう。

ただし、たとえ親しい仲だったとしても、約束した返済期日は守ることが大切です。親や知人からお金を借りる場合は、簡単な書式でもかまいませんので借用書を交わしておくことをおすすめします。

返済期日と最終的な返済額を定め、お互いに文書を持っておけば、後々のトラブルも防げます(借用書のテンプレートはこちらが参考になります)。

給料を前借りする

給料前借り
今すぐお金が欲しい場合、会社員やパート・アルバイトなどで働いている人なら、給料の前借り制度を利用し、5万円を借りることも可能です。

下記に、いくつかの給与前借りシステムをご紹介しています。

給料の前借り制度を利用するには、勤務先の会社が前借りシステムを導入していることが条件となります。

もし勤務先にシステムが導入されていない場合は、個人的に社長へお願いするしかありません。

一般的な給与前借りシステムでは、働いた日数で暫定給与を計算し、支払われる予定の給与に一定率をかけた金額が前借りの対象となります。

たとえば、日給1万円で20日間働いた場合、次月の給料は20万円となりますが、20万円に50%をかけた場合、10万円が前借り可能となります。

前借りした月は、すでに支給された前借り分の給与が差し引かれて給料が支払われるため、当然ながら手取りは少なくなります。

10万円を即日借りたいときは消費者金融が最適

プロミス
10万円を借りるとなると、質屋や知人に借りるよりは消費者金融カードローンを検討したほうがいいでしょう。

質屋では想定以下の査定金額になる可能性がありますし、知人にお金を借りる場合も「10万円なんて貸せない」と断られる可能性もでてきます。

消費者金融カードローンなら、年収と他社借入額を申告すれば、おおよその借り入れ可能金額も想定できます。

消費者金融が少額融資に最適な理由

カードローンには、大きく分けて「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」「信販系カードローン」の3つがあります。

これらのなかで10万円をすぐに借りたいなら、消費者金融カードローン一択で考えるべきでしょう。

消費者金融カードローンには、以下のメリットがあります。

消費者金融のメリット
  • 自動契約機が各地に設置されているので、いつでもどこでも借りやすい
  • WEB申込みやアプリ申し込みなどのシステムが充実している
  • 振込キャッシングなど、急ぎの融資にも柔軟に対応してくれる
  • 即日融資希望など、急いでいる場合も柔軟に対応可能

いくつかあるカードローンのなかで「より確実に」そして「柔軟な審査を実施してくれる」おすすめ消費者金融については、後ほど詳しくご紹介します。

アプリローンなら夜間でも10万円借り入れ可能

消費者金融を利用する場合、申し込み方法がいくつかありますが、同じ申し込むならアプリローンがおすすめです。

アプリローンなら場所と時間を問わず申し込めますし、大手消費者金融カードローンの場合、21時までに契約が完了すれば夜間でも10万円が借りられます。(レイクALSAのみ日曜日の審査は18時まで)

お金借りるアプリ以外の振込キャッシングで借りる場合、振込口座によっては翌営業日以降の入金になるケースがあります。

一方アプリで借りる場合は、消費者金融カードローンのアプリを入れたスマホをコンビニATMに持ち込めば、セブンイレブンかローソンで夜間でもキャッシングが可能です。

メンテナンス時間を除きコンビニATMがあいている時間帯ならいつでも借りられますので、「少額を即日借りたい」人には最適な借り入れ方法といえます。

土日でも振込キャッシングで即日借りられる

消費者金融カードローンによっては、土日や夜間を問わず約1分で振込キャッシングが利用できるローンもあります。

アコムの場合なら、楽天銀行に口座があれば土日でも夜中でも瞬時に振り込んでもらえます。

プロミスの場合も、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・paypay銀行のどれかに口座があれば、瞬時(最短10秒)で振り込んでもらえる「瞬フリ」サービスがあります。

5万円や10万円程度をすぐに借りたい…といったケースは、誰にでも起こりえます。

いざという時にそなえて、自分が持っている銀行口座と親和性の高い消費者金融カードローンを契約しておくと非常に便利です。

少額融資なら無利息キャッシングが可能

大手消費者金融カードローンには、無利息キャッシングのサービスがあります。5万円~10万円程度なら、無利息キャッシングを利用して実質金利0円でお金が借りられます。

大手消費者金融カードローンのなかで、無利息キャッシングのサービスを提供しているのは、以下の4社です。

消費者金融 無利息内容
アコム 契約日の翌日から30日間無利息
プロミス 借入日の翌日から30日間無利息
レイクALSA ・web申込なら60日間無利息
・借入のうち5万円まで180日間無利息
※上記の併用は不可
アイフル 契約日の翌日から30日間無利息

少額を借りてすぐに返済できる目途があるなら、無利息期間中に返済するようにしましょう。

ちなみに、プロミス以外のカードローンの場合、無利息期間がスタートするのは「契約日の翌日から」です。

プロミスのみ、「初回借入日の翌日」から無利息期間がスタートします。

プロミス以外のカードローンを借りる場合、「借り忘れて無利息期間が終わった」といったことがないように注意しましょう。契約してすぐに出金する予定がない人はプロミスで借りるのがベストです。

少額を借りるのに最適なカードローン

ここからは、5万円~10万円など少額を借りるのに最適なカードローンを、具体的にご紹介していきます。

少額融資をするうえでカードローン選びに迷ったら、以下のポイントで選ぶようにしましょう。

少額融資で選ぶポイント
  • 無利息期間はどれくらいか?
  • 即日借りられるカードローンはどれか?
  • 少額を急ぎで借りたいときに柔軟に対応してくれるか?
  • 審査時の電話を省略できるなど、できるだけ審査手続きを簡素化できるか?

下記でご紹介するカードローンは、上記のポイントを満たしたローンですので、少額融資の際にはぜひ検討してみてください。

レイクALSAなら5万円融資で180日間無利息

レイクアルサ
レイクALSAには、「他社よりも無利息キャッシングのサービスが充実している」特徴があります。

大手消費者金融カードローンの無利息期間は「30日間」のところがほとんどです。一方レイクALSAの場合は、以下の3パターンから無利息期間が選べます。

レイクALSAの無利息
  • 初回契約後30日間無利息(WEB申込み以外)
  • 初回契約後60日間無利息(WEB申込み限定)
  • 5万円までの借入に対し180日間無利息

上記3つの無利息サービスの併用はできませんが、5万円だけを借りたいなら、「180日間無利息サービス」を利用するのがもっともお得です。

5万円の無利息サービスを利用した場合でも、もちろん5万円以上の借入は可能です(5万円を超える借り入れ分については、通常の金利がかかります)。

ちなみに、レイクALSAは「アプリでの申し込み」にも対応していますので、急ぎの借入れにも適しています。

レイクALSA無利息注意点
  • 60日間無利息(Web申込み限定)、5万円まで180日間無利息(契約額1万円~200万円まで)、30日間無利息の併用はできません
  • 新生フィナンシャルで初めて契約いただいた方が対象。60日間無利息はWeb申込みの方で契約額が1~200万円の方のみ
  • 無利息開始日は契約日の翌日から。借入れ日の翌日からではありません
  • 契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ(30日間無利息は契約額1万円~500万円まで)
  • 無利息期間中も返済日があります。借入れ後の返済日を確認ください
  • 返済日はレイクALSAの会員ページ、新生銀行カードローンATMの利用明細書、契約時の書類で確認ください
  • 無利息期間中に返済が滞った場合、無利息期間が終了となり返済日の翌日以降の遅延損害金及び利息負担となります
  • 無利息期間終了後は通常金利適用となります
  • Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる
レイクアルサ貸付条件表
商号 新生フィナンシャル株式会社
ご融資額 ・年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
・ご自分のメールアドレスをお持ちの方
・日本の永住権を取得されている方
ご利用対象 新生フィナンシャル株式会社
貸付利率(実質年率) 年4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高によって異なります。
遅延損害金 年20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じてレイクALSAが必要とする場合)
担保・保証人 不要
貸金業登録番号 関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

レイクALSA公式サイトはこちら>>

プロミスならアプリで即日融資も可能

プロミス
アプリローンのサービスを、他社に先駆けて提供したのがプロミスです。

プロミスのアプリローンなら、申込みはもちろん、書類の提出から振込依頼まですべての手続きがアプリで完結できます。プロミスのアプリさえあれば、キャッシング用のカードがなくても、アプリだけで借入や返済が可能です。

プロミスには、他社にはない「三井住友VISAプリペイドカード」のサービスもあります。

一般的な振込キャッシングの場合、振込先は銀行口座のみですが、プロミスの場合は振込先を「三井住友VISAプリペイドカード」に指定することができます。

VISAプリペイドカードにお金をチャージしておけば、通常のクレジットカードのように利用できますので、以下のようなシーンで便利に使えます。

プリペイドカード融資の利点
  • 恋人との食事でスマートに支払える(キャッシングしていることがバレない)
  • ネットショッピングで欲しいものがあったときにスグに買える
  • 現金がなくても三井住友VISAプリペイドカードでショッピングが可能

プロミス公式サイトはこちら>>

アイフルは急ぎの融資にも対応可能

アイフル
中小の消費者金融カードローンなどの場合、土日に審査をおこなっていなかったり、審査に時間がかかる場合もあり注意が必要です。

その点、アイフルは「急ぎの審査」に対応してくれるため、とても頼りになるカードローンといえます。

アイフルに申し込んだあとでコールセンターに電話をかけ、「急ぎで審査をして欲しい」と頼めば優先的に審査をしてくれます。また、アイフルは原則電話による在籍確認を行っていません。

カードローンで借りたいけど会社への在籍確認の電話が不安な人はアイフルがおすすめです。即時振込にも対応可能ですので、とにかく急いでいる場合はアイフルを検討してみましょう。

アイフル公式サイトはこちら>>

SMBCモビットのWEB完結申込なら職場への連絡なしで借りられる

モビット
審査途中に本人や勤務先に電話がかかってくると、「電話がつながらない」「職場での在籍確認が完了しない」など、審査が長引くこともあります。

その点、SMBCモビットのweb完結申込で手続きすれば、原則本人と勤務先への電話連絡はありません。

ただしSMBCモビットのweb完結には、指定の銀行口座を持っていることや所定の書類提出が必須となります。参考までにweb完結申込の必要条件を表にまとめていますので、こちらも参考にしてください。

SMBCモビットのWEB完結申込に必要な条件
本人確認書類 運転免許証やパスポートが必要
指定銀行口座 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のどれかが必要
指定口座での口座引落し 上記指定口座で引落しにて返済すること
勤務先証明書類 以下いずれかの書類を提出できること
源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・直近2ヶ月の給与明細書
(賞与がある場合は、直近1年分の賞与明細書も必要)
収入証明書類 以下2種類の書類を提出できること
1.全国健康保険協会発行の健康保険証(社会保険証、または組合保険証)
2.直近1ヶ月の給与明細書(勤務先証明書類で提出できない場合)

SMBCモビット公式サイトはこちら>>

10万円をすぐ借りたいなら銀行カードローンはNG!

新生銀行カードローン エル
人によっては、金利の低さを理由に「消費者金融カードローンより銀行カードローンを検討したい」と思うケースも多いのではないでしょうか。

一般的な銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも上限金利が年4~5%程度金利が低く設定されています。

一例をあげると、アコムやアイフルの上限金利は年18.0%ですが、三井住友銀行カードローンの上限金利は年14.5%です。

ただ、「申し込み当日に借りたい」といった急ぎの場合、銀行カードローンの利用はおすすめできません。

銀行カードローンが即日融資に対応しない理由

銀行カードローンは、消費者金融とは違い即日融資には対応していません。もっとも手続きが早い銀行でも、申込日の翌営業日に借入できるのが一般的です。

2017年までは銀行カードローンでも即日融資がおこなわれていましたが、2018年1月以降は審査に時間がかかるようになりました。

銀行カードローンの審査に時間がかかるのは、「反社会的勢力への関与を防止するため」です。銀行カードローンでの審査では、警察庁データベースへの照会が必ず実施されます。

この照会は、カードローンの利用者が反社会的勢力の一員でないかどうか、確認をするためです。照会結果が出るまでには、最短でも1営業日が必要です。

万一、反社会的勢力の関与が疑われると、さらに審査結果が出るまでに時間を要しますので、急ぎの場合は消費者金融を検討したほうが無難です。

警察庁データベースへの照会については、下記全国銀行協会の公式サイトにも情報が載っていますので、こちらもご覧ください。

収入や勤続年数の条件が厳しい銀行カードローンも!

ろうきんカードローン
すぐに借りたいときに、銀行カードローンをおすすめしない、もう一つの理由としては「審査条件が厳しい」点があげられます。

下記のろうきんカードローンの例にある通り、金融機関によっては「勤続年数1年以上」「年収150万円以上」といった条件を設定している場合があります。

銀行カードローンは金利が低く、顧客1件あたりの銀行の儲けはそれほど大きくはありません。銀行カードローンは、「信用できる人に大きな金額を融資すること」で利益を上げる仕組みになっています。

銀行カードローンでは1件あたりの融資額が大きくなるため、万一返済されないことを防ぐ目的で、消費者金融より厳しい審査がおこなわれる傾向があります。

収入や勤続年数などの厳しい条件があると、パートやアルバイトの人は審査に落ちてしまうかもしれません。

参考中央ろうきんカードローンの商品概要書
https://chuo.rokin.com/loan/pdf/myplan.pdf

三井住友銀行カードローンのローン契約機なら急ぎの融資にも対応

三井住友銀行ローン契約機
ここまで銀行カードローンのデメリットばかりお伝えしてきましたが、銀行カードローンにも多くのメリットがあります。

その一つが「銀行の自動契約機」の存在です。消費者金融にも自動契約機がありますが、大手消費者金融カードローンの場合は駅前や繁華街、またはロードサイドに契約機が設置されています。

人通りの多い場所に設置されていることも多く、自動契約機に出入りしているところを知人や家族に見つかってしまうリスクがあります。

その点、たとえば三井住友銀行のローン契約機なら銀行ロビーの一角に設置されているため、利用しても他人から怪しまれることはないでしょう。

三井住友銀行のローン契約機は、カードローンの手続きだけではなく、その他ローンの各種手続きも可能です。「カードローンに申し込んでいるところを誰にも見られたくない」という人には、おすすめといえます。

みずほ銀行カードローンはキャッシュカード一体型で便利

みずほ銀行カードローンキャッシュカード一体型
みずほ銀行カードローンに限ったことではないですが、カードローンを提供している銀行の普通口座をすでに持っている場合、キャッシュカードにローン機能を付帯させることも可能です。

つまり、1枚のカードに「現金引き出し+預け入れ機能」と「借入機能」の2つの機能が加わる形となります。

ローン専用カードが自宅に送付されたりすると、家族にカードローンの利用がバレるかもしれません。

その点、キャッシュカード一体型で借入れができる「みずほ銀行カードローン」なら、まわりにバレずに利用することも可能です。

5万円・10万円は審査なしでは借りられない

5万円程度の少額を借りる場合、「できるだけ審査なしで簡単に借りたい」「たった5万円借りるのに面倒な審査は避けたい」と思う人もいるでしょう。

しかし貸金業法では、ローン申込者の返済能力の調査が義務付けられています。

【貸金業法第13条 返済能力の調査】
貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
(引用元:貸金業法

銀行カードローンでは、滞納者が出ると保証会社が立て替え返済する必要があるため、保証会社の厳しい審査が行われます。

ただ、カードローン以外なら、審査なしで借りられるところがいくつかあります。

審査なしで借りるなら生命保険の契約者貸付制度

生命保険 契約者貸付制度
審査なしで借りたいなら、生命保険の契約者貸付制度を検討してみてください。

生命保険の契約者貸付制度」とは、解約返戻金付きの保険に加入しており、一定額以上の返戻金がある人だけが利用できる保険会社の融資制度です。

契約者貸付制度で借りるお金は、もともとは自分が積み立てたお金ですので、融資時の審査は簡単な身分確認のみです。信用情報機関の調査も必要なく、年2~3%程度の低金利で借りられます。

万一返済できなかった場合でも、予定していた解約返戻金で相殺されるだけですので、延滞時も督促されることはありません。

しかし滞納が続くと自動的に解約返戻金と相殺され、保険は「解約」となるケースがほとんどですので注意が必要です。

緊急小口資金なら無職でも10万円が借りられる

民間の金融機関やローン会社からお金を借りられない時は、社会福祉協議会が扱う「緊急小口資金」で融資が受けられる場合があります。

「緊急小口資金」とは、国の融資制度のひとつで、生活困窮者や障がい者世帯、または高齢者の世帯限定で利用できる制度です。

具体的には、10万円までを無利子で借りられ、返済も貸付け日から2ヶ月間猶予されますので、生活を立て直してから返済スタートが可能です。

なお、猶予期間が終わったあとは、12ヶ月以内に返済する必要があります。

緊急小口資金が利用できる人の条件
低所得世帯 資金の貸付にあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯
(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者
(現に障害者総合支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含みます)の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯
(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)
参考社会福祉協議会の生活福祉資金
生活福祉資金|全国社会福祉協議会

返済期間を先延ばしにできるローンもある!

借入れ金の目的が限定される場合(運転免許の取得費用など)や、一部のクレジットカードやカードローンのなかには「返済を先延ばしにできる」ローンがあります。

返済が先延ばしにできれば、わざわざお金を借りる必要はないかもしれません。

たとえば、イオンの運転免許ローンなら、融資後6ヶ月経過してから返済をスタートさせることも可能です。

オリコのクレジットカードなら、支払いが厳しくなったタイミングで「支払いpass」の手続きをすれば、支払月の翌月以降からリボ払いで返済することも可能です。(当初の支払月は返済をスキップできる)

お金がない時に利用できる便利な方法がいくつかありますので、一度検討してみることをおすすめします。

また、paypay銀行カードローンなら、借入をしてから20日以内に返済日が到来した場合は、20日以内の借り入分については返済をスキップできます。

この方法を使えば、かなり余裕をもった返済も可能です。paypay銀行カードローンでは、30日間の無利息サービスも取り扱っていますので、同じ借りるなら利息が節約できるローンを検討してみましょう。

注意点!無職やブラックの人はカードローンを利用できない

少額を借りたい人のなかには、「無職で返済できる目途もない」といったケースもあるかもしれません。

過去に金融事故を起こしたなど、俗に言う「金融ブラック」と呼ばれる人がお金を必要としているケースもあるでしょう。

インターネットで情報を検索していると、「無職でも融資可能」「ブラックでもお金貸します!」といった広告を見かけます。

ただ、結論からいうと無職やブラックの人は、正規の貸金業者や銀行からお金を借りることはできません。

大手消費者金融カードローンは無職の人には融資をしていない

大手消費者金融カードローンの利用条件は「安定した収入があること」が大前提です。

そのため、審査時には申告した勤務先に電話をかけて、本当に仕事をしているかどうかを確認します。

審査で怪しい点があれば、収入証明書類の提出を求められることもありますので、無職の人は申し込めたとしても審査落ちは確実です。

また、貸金業者には返済能力の調査が義務付けられており、違反すると貸金業の登録を抹消される可能性もあります。

これらのことを考えると、無職の人の場合、大手消費者金融カードローンは利用できませんし「無職でも融資可能」といった広告は、違法業者の可能性が非常に高いといえます。

「ブラックでも審査通過」中小消費者金融の噂はウソ!

巷では「中小消費者金融ならブラックでも貸してくれる」といった噂も聞こえてきます。

しかし、この点は噂にしか過ぎません。

中小の消費者金融でも、正規の貸金業登録を済ませた業者は、貸金業法を遵守する必要があります。返済能力がない人に融資をすると、貸金業法に違反する可能性も出てきます。

たしかに、中小消費者金融は大手とは違い、柔軟な審査をしてくれる場合もあるでしょう。しかしあくまで「柔軟な審査」をしてくれるだけで、「審査が甘い」わけではありません。

他社で延滞を繰り返していたり、滞納が原因でローンを強制解約されたような人は、中小消費者金融でも審査通過は難しいでしょう。

監修者
監修者

中小の消費者金融でブラックでも借りれる可能性があるのは、過去に債務整理(任意整理、個人再生、特定調停、自己破産)をして現在借入がない人です。3ヶ月以上延滞の異動情報がある人はどこの消費者金融でも借りることはできません。

ブラックでも融資可能な個人間融資には要注意

どこからも借りられなくなった場合、SNSに書き込みされている「個人的にお金貸します」といった誘いにのる人もいます。

個人間融資は、一見するとお金持ちが親切で融資をしてくれるように見えるかもしれません。

しかし、個人間融資の実態は「闇金業者」と思ったほうがいいでしょう。そもそも、見ず知らずの人にお金を貸すほど、お人好しなひとはいません。

個人間融資をする業者のなかには、融資のかわりに卑猥な写真を要求し、返済できなくなると、写真を理由に暴力的な取り立てを行う例も報道されています。

金融庁公式サイトでも、個人間融資の危険性について注意が呼びかけられています。

参考金融庁公式サイト/個人間融資に注意
https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/chuui2.pdf

少額とはいえ違法な業者の罠にかからないよう、お金を借りるときは正規の貸金業者か銀行から借りるようにしましょう。

配偶者に収入があるなら無職の専業主婦でも借入可能

専業主婦
無職の人は、消費者金融や銀行から融資は受けられません。

ただ、無職でも「専業主婦」の場合は、一部の消費者金融からお金を借りられる場合があります。

専業主婦が貸金業者から融資を受けられる唯一の制度は、「配偶者貸付」です。

配偶者貸付とは、配偶者に安定した収入があることを条件に融資を受ける仕組みのことを指し、お金を借りる時は配偶者の同意書が必要となります。

配偶者貸付制度の融資限度額は1万円~30万円程度と少ないですが、5万円~10万円程度を借りるには最善の方法かもしれません。

<日本貸金業協会公式サイト/よくある質問より>
質問:パートの主婦です。年収の3分の1では貸金業者から希望の額の借入れができそうにありません。何か良い方法がありますか?
回答:配偶者の同意を得る必要がありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度があります。①配偶者の収入を証明する書類、②夫婦間の身分関係を証明する公的書類(住民票・戸籍抄本など)、③配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書、④指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書を提出することが必要です。
(引用元:日本貸金業協会公式サイト

債務整理中の人はカードローンの利用はできない

お金に困っている人のなかには、「債務整理をしてどこからも借りられない」人もいるでしょう。自己破産をして免責決定を受けるには、財産を処分する必要がありますし、個人再生の場合も毎月の返済を3~5年続けなければいけません。

債務整理をすると、どうしても生活が厳しくなり、生活資金をローンで補てんしようとするケースも考えられます。

ただ、債務整理をしてしまうと信用情報機関に履歴が残るため、しばらくの間はローンの審査通過は難しくなります。一部の情報を除き、債務整理の履歴は信用情報機関に5年間残ります。

消費者金融や銀行のローンを利用する場合は、信用情報機関に登録されている自分の情報を確認し、情報が消えていることを確認してから申し込むことをおすすめします。

プロミスの公式サイトにも、債務整理をした情報が信用情報機関に登録されること、そして情報の登録期間についても明記されています。

<プロミス公式サイトより>
第5条(個人情報の加盟先機関への提供)
当社は、お客様に係る契約に基づく個人情報(中略)、返済状況に関する情報(中略)、および取引事実に関する情報(債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等))を加盟先機関に提供いたします。
【※情報の登録期間】
加盟先期間 株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー
登録期間 ①本人を特定するための情報(以下の②または③の情報のいずれかが登録されている期間)
②契約内容および返済状況に関する情報(契約継続中および契約終了後5年以内)
③取引事実に関する情報(契約継続中および契約終了後5年以内。ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年以内) ①契約に係る客観的な取引事実(契約期間中および契約終了後5年以内)
②債務の支払いを延滞した事実(契約期間中および契約終了後5年間)
(引用元考:プロミス公式サイト

5万円~10万円借りる/まとめ

今回は5万円~10万円を借りたい人向けに、利用できるローンや審査の仕組みなど、かなり詳しい情報をお届けしました。

10万円以内の少額融資を受けたい場合、無審査で貸してくれる業者を利用したくなる気持ちもわかりますが、決して違法な業者は利用しないように注意しましょう。

たとえ少額とはいえ、返済期間が長引くと支払う利息も増え、借金が増えてしまうリスクもあります。

「たった5万円」とは思わずに、お金を借りたらできるだけ短期間で返済するように心がけましょう。

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローン、レイクALSAなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

この記事の監修者

木山浩二

国家資格の第1回貸金業務取扱主任者試験合格。中堅消費者金融に約15年勤務し、入社後約7年で大型店の店長となる。融資受付から審査の決裁、延滞管理まですべて行う。弁護士との任意整理交渉、特定調停、個人再生、破産、過払い金返還請求などの債務整理業務や、債権者からの貸金訴訟、支払い督促、強制執行(動産・不動産)も経験済み。現在はFPの知識を深め、お金に関するWEBメディア制作を行っている。

※本記事はブラザーMONEY(ドメイン所有者:株式会社ブラザーモータース)と提携する金融機関のPR情報を含んでおります。
※当社はローンの情報提供を目的としており、ローン商品提供事業者との契約媒介やローン契約を斡旋をするものではありません。
※当社に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※当社に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ローン商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関ホームページで内容をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※車検やキズ・ヘコミの修理等に関しましては最寄りの店舗へ来店・電話もしくはメールでのお問い合わせをお願い致します。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。
タイトルとURLをコピーしました