LINEポケットマネー審査は低金利で借りれるのか?在籍確認や審査落ちについても解説!

LINEポケットマネー カードローン

「LINEポケットマネー」については、名前こそ知っているものの「詳細のスペック(商品概要)はよくわからない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

LINEポケットマネーは、一般的な消費者金融カードローンとは違った部分も多く、特に審査についてはどのような審査が実施されているのか、実際にはわかりづらい部分があります。

この記事は、LINEポケットマネーの審査でチェックされる内容や、審査の過程で実施される在籍確認について詳しく解説していきます。

LINEポケットマネーの商品概要

LINEポケットマネー

商品名 LINEポケットマネー
提供している会社 LINE Credit(株)
登録番号:東京都(1)第31721号
日本貸金業協会会員:第006067号
利用限度額 5万円~300万円
金利(実質年率) 年3.0%~18.0%
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローン、レイクALSAなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

  1. LINEポケットマネーの審査に通過する条件
    1. LINEポケットマネーの利用条件
    2. LINEポケットマネーは20歳以上で安定収入があること
    3. LINEポケットマネーはLINEpayを利用していることが条件
    4. LINEスコアの結果があること
    5. 信用情報機関のデータにキズ(ブラック情報)がないこと
    6. LINEポケットマネーの審査にはオリコとみずほ銀行が関係している
  2. LINEポケットマネー申し込みから審査までの注意点
    1. 申し込み時の注意点「本人確認書類を用意する」
      1. 収入証明書類の提出時の注意点4つ
        1. 例:源泉徴収票を提出する場合の注意点
        2. 例:給与明細書を提出する場合の注意点
    2. LINEポケットマネーの金利条件を理解して申し込む
    3. LINEポケットマネーの審査は時間がかかる
      1. LINEポケットマネーの審査結果を確認する方法
    4. LINEポケットマネーで現金を借りるときは要注意
    5. 審査時は総量規制オーバーがチェックされる
  3. LINEポケットマネーの在籍確認は電話でおこなわれる
    1. LINEポケットマネーの在籍確認は審査結果次第
    2. LINEポケットマネーから在籍確認があった場合の対応方法
    3. LINEポケットマネーの在籍確認が完了しない場合の注意点
  4. LINEポケットマネーの審査難易度がわかる口コミ
    1. 審査で「在籍確認の電話がかかってきた」
    2. 「初回限度額は5万円」の人が多い
    3. 「審査の過程で収入証明書類の提出を求められました」
  5. LINEポケットマネーの審査結果が来ないときの対処法
    1. 審査結果の問い合わせはメールフォームから
    2. 審査が遅いなら大手消費者金融に申し込む
      1. プロミスならアプリ申込みで即日コンビニキャッシングが可能
      2. アイフルは急ぎの審査に対応可能
      3. SMBCモビットならWEB完結で電話連絡なしで申込める
    3. 一度に多数のカードローン申し込みは控える
  6. LINEポケットマネー審査・在籍確認のまとめ

LINEポケットマネーの審査に通過する条件

LINEポケットマネー審査
LINEポケットマネーの審査に通過するには、最低限LINEポケットマネーが利用できる人の条件や、審査の仕組みを理解しておく必要があります。

利用条件を理解せずに申し込んでも、審査に落ちるだけです。

審査で見られるポイントを把握したうえで申し込めば、少しでも審査通過率を上げることも可能です。

申込前にチェック
  • 銀行などの金融機関やコンビニATMと提携していないため借入や返済の利便性が悪い
  • 銀行営業時間外の振込融資ができない
  • アプリやWEBで出来る手続きがない
  • 自宅郵送物なしや電話での在籍確認なしが基本的には不可
LINEポケットマネーに申し込む前にチェックしておくこと
利用条件を把握しておく 利用できる人の年齢やLINEスコアの事前診断が必要であることなど
審査会社や審査内容を把握しておく オリコの審査が影響する。信用情報機関のデータが重要など

LINEポケットマネーの利用条件

LINEポケットマネーを利用するには、最低限以下の条件をクリアしている必要があります。

どんなに収入がある人でも、以下の条件に合致しない人は、本審査に進むことはできません。

LINEポケットマネー利用条件
  • 契約時の年齢が満20歳~65歳まで
  • 安定継続した収入があること
  • LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyであること
  • 学生や主婦でも、パートやアルバイトで安定した収入があれば申し込み可能

ちなみに、LINEポケットマネーの契約プランには「スタートプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」の3つがあります。

契約当初はスタートプランに加入し、その後条件をクリアしていくごとに、スタンダードプランやプレミアムプランにステップアップしていきます。

LINEポケットマネーの契約プラン
契約プラン 内容
スタートプラン ・契約日から100日間限定のプラン
・支払利息が後日LINE Pay残高で全額キャッシュバックされるため実質利息0円で利用可能
スタンダードプラン 契約日から100日経過後の通常プラン
プレミアムプラン ・一定金額以上の増枠契約をした人限定
・口座入金サービスを月3回(スタート・スタンダードプランだと月1回)利用可能

LINEポケットマネーは20歳以上で安定収入があること

ラインポケットマネーは未成年は申込不可
上記でお伝えした基本条件について、もう少し詳しく見ていきましょう。まず、年齢条件についてです。

LINEポケットマネーは、20歳以上でないと契約ができません。

人によっては、「未成年でも返済できるだけの収入はある」と思うケースもあるでしょう。

たしかに、「未成年に融資をしてはいけない」といった法律はありませんが、問題になるのは民法上の問題です。

民法では、「未成年が親権者の同意なしで行った契約については、後日白紙に戻すことができる」と決められています。

そのため、LINEポケットマネーや大手消費者金融カードローンでは、未成年と余計なトラブルを避けるために、「契約は20歳以上」としています。

【民法第5条 未成年者の法律行為】
1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3.第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。
(引用元:民法第5条│Wikibooks

つぎに、審査では「安定した収入」が厳しくチェックされます。

貸金業法第13条(返済能力の調査)では「利用者の返済能力を調査したうえで融資をしなければいけない」と決められています。

【貸金業法第13条 返済能力の調査】
1.貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
2.貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。
(引用元:貸金業法

下記は、東京都産業労働局の公式サイトです。

このなかにも書かれている通り、安定した収入があるかどうかは、信用情報機関のデータが主に利用されます。

後ほど詳しく触れますが、信用情報機関のデータに延滞情報が残っていると、「返済能力に乏しい」と判断され、LINEポケットマネーの審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

【東京都産業労働局公式サイトより】
(1)返済能力調査の実施
個人の借り手が貸金業者に融資を申込んだ場合、貸金業者は契約をする前に、株式会社日本信用情報機構(JICC)株式会社シー・アイ・シー(CIC)が保有する信用情報を利用して、返済能力調査を行う義務があります。その結果、当該貸付契約により、借り手の借入残高が年収の3分の1を超える場合には、総量規制により貸付契約を結ぶことはできません。
(引用元:貸金業者と契約する前に│中小企業支援│東京都産業労働局

LINEポケットマネーはLINEpayを利用していることが条件

LINE Pay
LINEポケットマネーで借りたお金は、通常の消費者金融のようにカードでのキャッシングができません。

LINEポケットマネーの融資は、LINEpayにチャージされる仕組みになっています。

したがってLINEポケットマネーを利用するには、はじめにLINEpayの登録を済ませている必要があります。

LINEpayの利用にあたっては、本人確認を済ませたうえでLINEマネーが利用できる状態にしなければいけません。LINEpayの本人確認方法としては、以下の3つがあります。

LINEpayの本人確認方法
  • 銀行口座で本人確認をする(三井住友銀行やみずほ銀行などの口座が必要)
  • かんたん本人確認(運転免許証やパスポートと自分の顔写真を撮影し登録する)
  • 郵送本人確認

LINEスコアの結果があること

LINEスコア
LINEポケットマネーと消費者金融の違いは、「審査にLINEスコアの点数が影響する」点が大きなポイントとなります。

LINEスコアでは、利用者の行動やお金に対する考え方などがヒアリングされ、信用スコアが算出されます。

LINEの信用スコアが高ければ高いほど信用できる人とみなされ、審査では優遇されます。

LINEポケットマネーの審査では、「法律で定められている審査内容」+「LINEスコアの点数」で結果が決まります。

それぞれ、どのような意味があるのかまとめていますので、以下も参考にしてください。

LINEポケットマネーの審査でチェックされる内容
ルールベースの審査
(社内審査ルールや法律で決められた審査)
・過去の審査データを基に蓄積されたノウハウにより審査通過が決まる
・信用情報機関のデータを照会し、返済能力があるかチェック
スコアリングサービス
(LINEスコアによる審査)
・LINEスコアの点数が低いと審査に落ちる可能性が高い
・LINEポケットマネーには過去のデータが蓄積されており延滞する可能性が高い人等の情報がある。
・LINEスコアでは利用者が返済不能に陥る可能性をAIで分析し審査に役立てている
・LINEスコアの点数は審査の可否はもちろん、金利や限度額にも影響する
(スコアが悪いと限度額は低くなる)
・信用情報だけで判断されないため、他社に落ちた人もLINEスコアが良ければ審査通過も可能

ルールベースの審査(LINEポケットマネーの社内審査ルールや、法律で決められた審査内容) ・過去の審査データをもとに蓄積されたノウハウにより、審査通過が決まる

信用情報機関のデータにキズ(ブラック情報)がないこと

LINEポケットマネーの審査では、信用情報機関のデータが重要になってきます。

国が認めている信用情報機関は現在3ヶ所あり、LINEポケットマネーを運営しているLINE Credit株式会社はそのうち2ヶ所に加盟しています。

さらに、2ヶ所の信用情報機関は、もう一つの機関とCRINで情報を連携(ブラック情報のみ)していますので、実質3ヶ所のブラック情報(異動・参考情報)を入手できることになります。

ちなみに、下記にLINE Creditが信用情報機関に登録する内容を表にしていますが、LINEポケットマネーの審査でチェックされるのもこの登録内容と同じです。

主なチェックポイントを列記すると、以下のとおりとなります。

信用情報のチェック箇所
  • 本人情報(氏名住所や勤務先情報)
  • 他社借入の額や借入件数
  • 延滞記録
  • 債務整理の履歴など
LINE Creditが加盟・連携している信用情報機関
加盟している信用情報機関 加盟信用情報と連携している信用情報機関
株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)
LINE Creditが信用情報機関に登録する内容
登録情報 JICCに登録される期間 CICに登録される期間
①氏名、生年月日、住所、
電話番号、勤務先等の本人情報
②~④の登録情報が登録されている期間のうち、最も長い期間と同じ
(最長5年)
同左
②本契約に係る申込をした事実 LINE Creditが個人信用情報機関に照会した日から6ヶ月以内 LINE Creditが個人信用情報機関に照会した日から6ヶ月間
③本契約に関する客観的な取引事実 契約継続中及び契約終了後5年以内
(債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年以内)
契約期間中及び契約終了後5年以内
④債務支払いを延滞した事実 契約継続中及び契約終了後5年以内 契約期間中及び契約終了後5年間
参考LINE Credit プライバシーポリシー追加項目
LINE Credit プライバシーポリシー追加項目

LINEポケットマネーの審査にはオリコとみずほ銀行が関係している

みずほ銀行
LINEポケットマネーは、みずほ銀行オリコがタイアップしてできたサービスです。

したがって、審査ではオリコの審査ノウハウが導入されていますので、過去にオリコのカードやローンで審査落ちしたような人は要注意です。

ただし、過去にオリコで審査に落ちたからといって、すべての人が審査落ちするわけではありません。

前述の通り、LINEスコアの点数によっては審査通過できるケースもあります。

逆にオリコの利用者でも、LINEスコアの点数が低いと審査に落ちることもあります。

LINEポケットマネー申し込みから審査までの注意点

LINEポケットマネー審査から申込の注意点とは
ここからは、LINEポケットマネーの「申し込み時の注意点」について解説します。

LINEポケットマネーの審査に通るには、手続き上の注意点を把握したうえで申し込むことが大切です。

たとえば、必要書類を理解せずに申し込んだりすると、審査に時間がかかったり最悪のケースでは審査落ちにつながります。

さらに、LINEポケットマネーの金利や限度額の条件も理解しておくようにしましょう。

せっかく審査に通過したのに「たった5万円しか借りられなかった」「予想よりも金利手数料が高かった」など、思わぬ展開になることも避けられます。

申し込み時の注意点「本人確認書類を用意する」

LINEポケットマネーの申込みを行う場合は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

借入限度額によっては、収入証明書類を提出するように求められる可能性があります。(※借入限度額が少なくても、LINEポケットマネーの審査の過程で収入証明書類を提出するように求められる場合がある)

書類はすべてスマホカメラで撮影し、LINE Payの本人確認で提出することになります。

写真を撮影する際には、文字が鮮明に写るように手ブレや光の写り込みに注意しながら、慎重に撮影しましょう。

LINEポケットマネーの申し込みに必要な書類
本人確認書類 <下記いずれかの書類1点>
・運転免許証
・運転経歴証明書
*運転免許証⋅運転経歴証明書の交付を受けていない方は以下書類が必要
・パスポート
(*令和2年2月4日以降に発行されたパスポートは利用不可)
・特別永住者証明書
・在留カード(在留資格が「永住者」の場合のみ)
・マイナンバーカード
*収入証明書類 <50万円を超える場合、他貸金業者借入分も合わせて100万円を超える場合>
1)源泉徴収票
2)給与明細書
3)確定申告書
4)その他の書類
(納税通知書、納税証明書、青色申告決算書、収支内訳書、支払調書、年金証書、年金通知書、所得証明書)

*勤務先が複数ある方は、同一の収入証明書に限り複数勤務先分の提出が可能(2社分の給与明細書を提出するなど)
*修正液(テープ)で修正した書面や、加筆のある書面は利用不可

収入証明書類の提出時の注意点4つ

収入証明書 源泉徴収票
収入証明書類提出時は、書類の不備などに最新の注意をはらいましょう。

収入証明書類は、限度額が50万円を超えたり他社との借入れ合計額が100万円以上になった場合に求められます。

つまり書類を求められたということは、「返済能力が厳しくチェックされること」を意味します。

収入証明書類提出時には、以下4つの注意点をよく理解したうえで手続きしましょう。

例:源泉徴収票を提出する場合の注意点
  1. 最新年度の書類を提出すること(令和3年に申し込む場合は、令和2年度の源泉徴収票が必要)
  2. LINEポケットマネーに登録した氏名と、源泉徴収票に記載されている氏名が同じであること
  3. 支給金額(総支給額)が正しく記載されていること
  4. 現在の勤務先名が明記されていること。LINEポケットマネー申し込み時に登録した勤務先名と書類の会社名が同じ表記であること
例:給与明細書を提出する場合の注意点
  1. 直近2か月分の明細を提出すること(賞与の支給がある場合は、直近1年分の賞与明細書の提出が必要)
  2. 給与明細書に記載されている氏名が、LINEポケットマネーに登録した氏名と同じ表記であること
  3. 支給金額(総支給額)が正しく記載されていること
  4. 勤務先名が正確に表示されていること。LINEポケットマネー申し込み時に登録した勤務先名と、書類の会社名が同じ表記であること

LINEポケットマネーの金利条件を理解して申し込む

LINEポケットマネーの申し込み時には、金利についても理解しておくことが大切です。

冒頭の条件表にもある通り、LINEポケットマネーの金利は実質年率で3.0%~18.0%となっています。

最低金利は「年率3.0%」と記載されていますので、申し込む人によっては「かなりに低金利で利用できるかも」と思う人も多いでしょう。

しかし現実はそう甘くはなく、初回利用者のほとんどは年率18.0%が適用されます。

初回利用者に上限金利が適用されるのは、利用者として信用できるかどうかがわからないためです。

LINEポケットマネーの利用者のなかには、お金を借りておきながら返済しない人もいます。

LINEポケットマネーとしては、返済不能者が多数出たときに損害を最小限にするため、契約してはじめの頃は契約者から高い金利手数料を取ります。

LINEポケットマネーの利用実績が積みあがり、収入も減らずに他社借入れも増えていなければ、利用限度額が増え金利手数料も下がる仕組みになっています。

LINEポケットマネーの審査は時間がかかる

結論からいうと、LINEポケットマネーの審査回答には時間がかかります。

大手消費者金融カードローンの場合は、ほぼ即日審査回答・即日融資が可能です。

一方、LINEポケットマネーの審査は、下記のQ&Aにもある通り1週間程度かかる場合もあります。

<LINEポケットマネー公式サイトより>
質問:LINEポケットマネーを実際に利用するまでどれくらいかかりますか?
回答:お申込みの混雑状況や、ご提出された各種書類の審査状況によって異なります。現在、ご本人確認のお手続き、およびLINEポケットマネーの審査が非常に混み合っており、審査結果のご連絡まで1週間以上のお時間をいただく場合があります。

とくに急ぎのお金を必要としている人は、LINEポケットマネーの申し込みは控えたほうがいいかもしれません。

この記事の最後にご紹介するプロミスアイフルなどの、大手消費者金融カードローンをおすすめします。

LINEポケットマネーの審査結果を確認する方法

LINEポケットマネーの審査回答結果は、電話では知らされず、LINEのメッセンジャー機能で通知がきます。

職場や自宅にいるときに、ローンの審査関連で電話があると、身近な人にキャッシングがバレる可能性もあるでしょう。

その点、LINEポケットマネーの審査回答はLINEで通知されるだけですので、まわりにバレる心配はありません。

審査回答結果のなかには、金利や利用限度額などの契約条件も記載されていますので、確認したうえで問題がなければ同意をして契約成立となります。

ラインポケットマネー審査回答

LINEポケットマネーの審査回答画面

LINEポケットマネーで現金を借りるときは要注意

LINEポケットマネーキャッシング
LINEポケットマネーでお金を借りると、基本的にはLINE Payへチャージされます。

銀行口座に振り込んでもらう方法もありますが、「最低利用額が50,000円以上」となる点に注意が必要です。

また、LINEpayにチャージされたお金を銀行口座に振り込むことも可能ですが、振込手数料が1回176円(税込)かかってしまいます。

一方、消費者金融カードローンの場合は、ATMからキャッシングすれば手数料はかかりません。(コンビニATMなどの提携ATMを除く)

LINEpayにチャージする場合でも、使い勝手が悪い点が気になります。

それは「利用限度額が100万円に限定される点」です。

LINEポケットマネーの利用限度額が100万円以上だったとしても、LINEpayの上限は100万円までです。

したがって、どれだけ限度額に余裕があったとしても、100万円以上の借入は出来ない点に注意が必要です。

Q:追加で借入はできますか?
【LINE Pay残高へチャージする方法での借入の場合】
お客さまの利用限度額の範囲内であれば、追加の借入が可能です。なお、利用限度額が100万円以上の場合も、一度に借入できるのはLINE Pay残高の上限である100万円までです。
LINE Pay残高が100万円の場合、決済⋅出金などでLINE Pay残高を100万円未満にした後、追加の借入を行ってください。
(引用元:利用可能額はどう決まる?│LINEポケットマネー

銀行口座に入金してもらう場合、LINEポケットマネーの契約プランは確認しておきましょう。

前述のとおり、プレミアムプランでも月3回までで、スタートプランやスタンダードプランの場合、銀行への入金は月1回までしかできません。

審査時は総量規制オーバーがチェックされる

LINEポケットマネーは貸金業者のため、銀行カードローンではなく「消費者金融カードローン」の扱いとなります。

したがって、LINEポケットマネーは貸金業法の規制を受けるため「借入は年収の三分の一まで」と決められた総量規制の対象となります。

たとえば、年収が300万円の人がLINEポケットマネーを契約する場合、利用限度額の上限は100万円です。(他社貸金業者からの借入がない前提)

ちなみにLINEポケットマネーを利用中に、他社を含めた総借入れ額が年収の三分の一を超えた場合、LINEポケットマネーでの新規借入はストップされます。

参考までに、LINEポケットマネーの公式サイトにあるQ&Aをご覧ください。

<LINEポケットマネー公式サイトより>
質問:契約後に借入ができなくなった理由を教えてください。
回答:契約後に借入ができなくなった場合は以下の可能性があります。
・支払いの遅延が発生している場合
・利用限度額の上限まで借入をしている場合
・貸金業法の総量規制(※)による制限がかかっている場合 など
(※)総量規制とは、貸金業者が行う個人への貸付けについて、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けは原則禁止される仕組みのこと

LINEポケットマネーの在籍確認は電話でおこなわれる

LINEポケットマネー在籍確認の電話
つぎに、LINEポケットマネーの審査で気になる在籍確認についても、詳しく見ていきましょう。

一般的な消費者金融カードローンの場合、カードローンを申し込むと、勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。

在籍確認のやり方には2通りあり、「電話での確認」か「書類での確認」のどちらかの方法で実施されます。(LINEポケットマネーの在籍確認の方法は、基本的に電話です

もし、在籍確認が完了しない場合は「虚偽の勤務先で申し込んだのでは?」「本当は収入がないのでは?」と疑われ、審査に落ちることも少なくありません。

ただ、LINEポケットマネーの公式サイトには、在籍確認について明確な記載はありません。

LINEポケットマネーの在籍確認は審査結果次第

結論からいうと、LINEポケットマネーの審査では、基本的に在籍確認の電話がかかってくると思ったほうがいいでしょう。

なぜなら、LINEポケットマネーのような貸金業者を規制する貸金業法では、利用者の返済能力を厳しく調査することを義務付けているためです。(詳しくは前述の20歳以上で安定した収入があることをご覧ください)

利用者の返済能力のチェックでは信用情報機関のデータが利用されますが、実際に仕事をしているかどうかが見られる在籍確認も審査では重要になってきます。

信用情報機関のデータにネガティブな情報があったり、他社借入れが多いような人は、より審査が厳しくなり、在籍確認の電話がかかってくる可能性も高くなります。

LINEポケットマネーから在籍確認があった場合の対応方法

LINEポケットマネーの在籍確認があったとしても、個人名で電話がかかってきますので慌てる必要はありません。

職場の事務員や同僚がLINEポケットマネーからの電話をとったとしても、用件が伝えられることはないためキャッシングがバレることもないでしょう。

LINEポケットマネーの在籍確認では、利用者のプライバシーに配慮した対応がおこなわれます。

想定される会話例は以下のようなかたちになりますので、参考までにご覧頂ければと思います。

LINEポケットマネーの在籍確認会話例
LINEポケットマネー
LINEポケットマネー

わたくし〇〇(個人名)と申しますが、△△さまはいらっしゃいますでしょうか?

事務員
事務員

△△はあいにく外出しておりまして、18時に戻ります。折り返しお電話させていただきましょうか?

LINEポケットマネー
LINEポケットマネー

さようでございますか。では、携帯に電話してみますので折り返しのお電話は大丈夫です。ありがとうございました

本人が勤務先に居た場合は、本人が電話に出て簡単な確認が済めば、在籍確認は完了します。

LINEポケットマネーの在籍確認が完了しない場合の注意点

一方、以下のようなケースでは在籍確認が完了しないこともあります。

在籍確認が取れないケース
  • 勤務先の電話がつながらない(営業時間外など)
  • 職場の同僚が在籍確認の対応をしてくれない(個人情報保護の観点で、社員の在籍を外部に漏らさないルールになっているなど)
  • 病欠など長期休暇があり、無給であることを疑われた

もし在籍確認が完了しなかった場合は、確認がとれるまで審査が保留される、または最悪のケースとしては審査落ちも考えられます。

在籍確認に問題があり、一度審査に落ちてしまうと審査結果の確認や撤回は難しくなりますので、他社から借りるしか方法はないでしょう。

LINEポケットマネーの審査難易度がわかる口コミ

ここで、実際のLINEポケットマネー利用者から寄せられた口コミもチェックしておきましょう。

LINEポケットマネーを利用する際には、公式サイトからの情報も重要ですが、実際に利用した人からの生の声も非常に参考になります。

特に初回申し込み時に適用される限度額については、気になるところだと思いますので、よくチェックしておいたほうが良さそうです。

審査で「在籍確認の電話がかかってきた」

ひとつ目は、さきほど触れた「在籍確認」に関する口コミです。

LINEポケットマネーの申し込みでは、実際に電話がかかってくるのかどうか不安になる人も多いでしょう。

下記の口コミを見ると、やはり「在籍確認の電話がかかってきた」人のほうが多い印象です。

ヤフー知恵袋
<ヤフー知恵袋からの口コミ/在籍確認の電話について>
質問:お金が必要なためLINEポケットマネーの審査をしました。自分の働いている会社に連絡などは行きますか?補足…連絡のいく確率はどれくらいでしょうか。
回答:確率は9割かと。私はかかってきましたよ。虚偽申請が多いためにといってました。ない人もいるみたいですね
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10244851345?__ysp=TElOReODneOCseODg%2BODiOODnuODjeODvOOAgOWvqeafuw%3D%3D

「初回限度額は5万円」の人が多い

つぎは初回限度額についてです。LINEポケットマネーの最高利用限度額は300万円となっています。

しかし、初回契約時の限度額は5万円で設定されるケースがほとんどです。

初回限度額5万円で契約し、その後の返済などが問題なければ、審査のうえで限度額の増額がおこなわれます。

ヤフー知恵袋
<ヤフー知恵袋からの口コミ/利用限度額や増額について>
質問:LINEポケットマネーの融資で5万の審査が通り、本日増額案内が着たので申込みをしようと思います。これってある程度増額可能だから案内がくるのでしょうか?それともLINEポケットマネー利用者には全員くるのでしょうか?
回答:来る人もいれば来ない人もいます!利用状況によりますね!(*´ω`*)きちんと返してる人、返済が滞ってない人には来るかと!
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14251650949?__ysp=TElOReODneOCseODg%2BODiOODnuODjeODvOOAgOWvqeafuw%3D%3D

「審査の過程で収入証明書類の提出を求められました」

初回申し込み時に、収入証明書類の提出を求められるケースもあるようです。

下記の口コミは自営業の方の例ですが、申し込みから2~3日後に連絡がはいり、収入証明書類の提出が求められています。

必要書類のところで解説した書類については、事前に用意しておいたほうがいいかもしれません。

ヤフー知恵袋
<ヤフー知恵袋からの口コミ/収入証明書類の提出について>
質問:30代の自営業です。最近ラインポケットマネーに融資を申し込みましたが申し込みをしてから2〜3日くらいたってから契約には収入証明が必要なので提出して下さい。って画面に出てきたのですが提出すれば契約出来るって事なんですかね?解られる方、いらっしゃいましたら御教授の程、よろしくお願いいたしますm(__)m
回答:50万以上の融資の場合は必ず収入証明書の提出が必要になります。50万以下であっても、信用情報に問題があったり年収や勤続年数の確認も含めて収入証明書が必要になる場合もあります。収入証明書の提出も審査の一部ですので、否決になる可能性もあります。それからLINEポケットマネーは、審査に時間かかるみたいです。私は、初回40万で申込、20万限度で審査に通りました。その後、増枠申請で50万で申込を行い源泉徴収票を提出したところ50万の増枠をして頂くことができました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12252567412?__ysp=TElOReODneOCseODg%2BODiOODnuODjeODvOOAgOWvqeafuw%3D%3D

LINEポケットマネーの審査結果が来ないときの対処法

LINEポケットマネーの審査は、残念ながら時間がかかります。

人によっては、融資を急いでいる場合もあり「早く審査結果を教えて欲しい」と感じるケースも多いでしょう。

LINEポケットマネーの審査に時間がかかる場合は、審査を待たずに他社に申し込むことをおすすめします。

審査結果の問い合わせはメールフォームから

ローン審査の結果を知りたい場合、一般的な消費者金融カードローンの場合なら、電話での問い合わせにも対応可能です。

しかし、LINEポケットマネーの場合は、メールフォームからの問い合わせのみとなっています。

下記は、LINEポケットマネーの公式サイトのお知らせの抜粋です。

この内容を見ると、メール問い合わせの回答に1週間程度かかることが書かれています。

どうしても急ぎのお金が必要なら、LINEポケットマネーに時間をかけるよりも他社を検討したほうが良さそうです。

<LINEポケットマネーのお知らせより>
弊社では現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、在宅勤務やオフピーク通勤を導入しております。そのため、お問い合わせへの回答に1週間程度お時間をいただく場合があります。お客さまにご不便おかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

審査が遅いなら大手消費者金融に申し込む

LINEポケットマネーの審査には時間がかかりますが、大手消費者金融カードローンなら即日審査回答・即日融資も可能です。

即日融資が可能なカードローンをいくつかご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

プロミス アプリ申込みでコンビニから最短即日借入が可能
アイフル 急ぎであることを伝えると優先的に審査してくれる
SMBCモビット WEB完結申込なら電話、郵送物なしで融資可能

プロミスならアプリ申込みで即日コンビニキャッシングが可能

プロミス
プロミスのアプリで申し込めば、夜間や土日でもコンビニキャッシングが可能です。

以下に、LINEポケットマネーとの比較を表にしていますので、参考にしてください。

融資スピードや商品スペック比較
LINEポケットマネー プロミス
金利 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
申込み方法 アプリ アプリ、自動契約機、WEB、電話、郵送
審査回答スピード 1週間かかる場合もある 最短30分で審査回答
融資までのスピード 1週間かかる場合もある 最短30分で融資可能

プロミスは、自動契約機での申し込みにも対応しています。

自動契約機なら土日も9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります)までオープンしていますので、仕事帰りに申し込んでその場でキャッシングも可能です。

面倒な書類提出もカメラで撮影することなく、スキャナーで読み取ってくれますので、ミスなく手続きができます。

プロミス公式サイトはこちら>>

アイフルは急ぎの審査に対応可能

アイフル
どうしても急ぎの融資を希望しているなら、アイフルがいいでしょう。

なぜなら、アイフルは急ぎの審査希望者には優先して対応してくれるからです。

下記に急ぎの審査希望の場合の流れをまとめていますので、こちらも参考にして頂ければと思います。

アイフル/急ぎの審査希望の場合の流れ
  • STEP1
    WEBで申込み
    WEBやアプリで必要事項を入力し、申し込む
  • STEP2
    フリーダイヤルへ電話する
    0120-337-137へ電話をかけて「審査を急いで欲しい」と伝える
  • STEP3
    審査回答
    電話かメールにて審査回答が届く

アイフルも自社ATMはもちろん、コンビニATMでもキャッシングが可能です。

カードが発行されていなくても、アプリさえあればセブン銀行ATM(セブンイレブンに設置)で借入れができますので、夜間の借入れにも便利です。

アイフル公式サイトはこちら>>

SMBCモビットならWEB完結で電話連絡なしで申込める

モビット
LINEポケットマネーの審査では在籍確認の電話が心配ですが、SMBCモビットなら電話連絡、郵送物なしで申し込めます。

ただし、電話連絡を避けたいなら、SMBCモビットの「WEB完結申込」で手続きする必要があります。

SMBCモビットには、「通常のWEB申込」と「WEB完結申込」の、2通りの申し込み方法があります。WEB完結申込では、本人確認書類はもちろん収入証明書類や健康保険証などをはじめから提出する必要があります。

健康保険証には勤務先名が書かれていますので、電話で確認しなくとも、書類で確認が完了する仕組みです。

また、SMBCモビットも*最短即日融資が可能です。カードを持っていなくても、振込キャッシングを利用すれば、申し込んだその日に借入れができます。

*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイトはこちら>>

一度に多数のカードローン申し込みは控える

いくつかのカードローンをご紹介しましたが、急ぎの融資を希望するがあまり、一度に多数のカードローンに申し込むのは避けたほうがいいでしょう。

なぜなら、一度に多数のローンに申し込むと、それぞれの申し込み履歴が信用情報機関のデータに残ってしまうためです。

正確にいうと、信用情報機関のデータに残るのは申し込み履歴ではなく、「ローン会社の照会履歴」です。

多数の照会履歴があると、今後のローン審査に影響を及ぼしてしまいます。

ローン会社が信用情報機関のデータを照会した履歴は、信用情報機関の加盟企業なら閲覧可能です。(ただし、信用情報機関のデータ照会は個人の同意が必要)

多数の照会履歴だけが残り、一方でローンの契約履歴が1件もないと「審査に落ち続けている」ことをローン会社に見せていることになります。

短期間にカードローンの申し込みをしたいなら、2~3社程度のとどめておくことをおすすめします。

LINEポケットマネー審査・在籍確認のまとめ

LINEポケットマネーは、これまでにない仕組みで簡単にお金が借りられるローンです。

もしかすると、他社で審査に落ちた人でも、LINEスコアの点数が高ければLINEポケットマネーの審査は通るかもしれません。

しかし、LINEポケットマネーのデメリットは、「初回限度額が低いこと」そして「融資までのスピードが遅いこと」の2点です。

土日で急ぎの融資を希望する人や、はじめから5万円以上借りたい人はLINEポケットマネーには申し込まず、大手消費者金融カードローンに申し込むことをおすすめします。

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローン、レイクALSAなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

※本記事はブラザーMONEY(ドメイン所有者:株式会社ブラザーモータース)と提携する金融機関のPR情報を含んでおります。
※当社はローンの情報提供を目的としており、ローン商品提供事業者との契約媒介やローン契約を斡旋をするものではありません。
※当社に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※当社に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ローン商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関ホームページで内容をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※車検やキズ・ヘコミの修理等に関しましては最寄りの店舗へ来店・電話もしくはメールでのお問い合わせをお願い致します。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。
タイトルとURLをコピーしました