PR

コンビニATMからお金を借りる方法!今すぐセブンイレブン、ローソンから借入するには?

コンビニATMでお金を借りる カードローン
記事内にプロモーションが含まれています。

お金を借りる方法はいくつかありますが、手軽に夜間や早朝でもお金を借りるには、コンビニATMで借りる方法が最適です。

ただ、ひとことで「コンビニATMからお金を借りる」といっても、利用できないカードローンがあったり手数料が必要になったりするなど、いくつかの注意点もあります。

この記事では、店舗数が多いセブンイレブンやローソンを中心に、コンビニATMからお金を借りる方法について、徹底的に解説しています。

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローン、レイクなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。クレジットカードも多数保有。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

  1. セブンイレブンでお金を借りる方法を解説
    1. 消費者金融カードローンでお金を借りる
      1. プロミスのカードローンでコンビニからお金を借りる場合
      2. アイフルのカードローンでコンビニからお金を借りる場合
      3. レイクもコンビニ提携ATMからお金を借りることができる
    2. 銀行カードローンでセブンイレブンからお金を借りる
      1. おすすめの銀行カードローンを紹介
    3. クレジットカードでセブンイレブンからキャッシングする
  2. ローソンでお金を借りる方法
    1. 【ローソン】消費者金融と銀行カードローンのキャッシングが可能
    2. ローソン銀行のカードローンPontaプラスとは?
    3. ローソンでクレジットカードキャッシングも利用可能
  3. ファミリーマートでお金を借りる方法
    1. ファミリーマートでは消費者金融アプリからの借入はできない
      1. ファミマTカードでキャッシングも可能
  4. ミニストップ、ヤマザキデイリーストアなどのコンビニで借りる方法
  5. コンビニATMでお金を借りる場合の注意点を解説
    1. 借入と返済に手数料がかかる場合がある
      1. 提携ATM手数料を節約する方法
        1. 消費者金融で提携ATM手数料を節約するには?
        2. 銀行カードローンの提携ATM手数料は!?
    2. コンビニATMはメンテナンス時間など利用時間の制限がある
    3. コンビニでお金を借りる場合は利用限度額に注意
  6. コンビニに行かずにお金を借りる方法もチェック
    1. 振り込みで借りる
  7. コンビニATMからお金を借りる方法まとめ

セブンイレブンでお金を借りる方法を解説

セブンイレブン
セブンイレブンは、2021年4月現在で全国に「*21,143店舗」をかまえる、国内有数の大手コンビニです。セブンイレブンにはセブン銀行のATMが設定されており、消費者金融などからお金を借りられます。

セブンイレブンでお金を借りる方法としては、以下の3つがあります。

セブンイレブンで借りる方法

①消費者金融カードローンでお金を借りる
②銀行カードローンでお金を借りる
③クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

※セブンイレブンの店舗数データについては、以下の公式サイトでご確認ください。

消費者金融カードローンでお金を借りる

消費者金融からお金を借りる
セブンイレブンのATMでお金を借りる方法はいくつかありますが、まずは比較的利便性の高い「消費者金融カードローン」の利用方法から解説します。

消費者金融でお金借りる方法としては、「カードで借りる方法」と「スマホATMで借りる方法」の2パターンがあります。

利用できる消費者金融カードローンについては、以下で一覧表にしていますので、参考にしてください。

ちなみに、プロミスやアコムなどの大手消費者金融はスマホATMを利用できますが、セントラルなどの中小消費者金融カードローンの場合、カードがなければ借入ができません。(※レイクのみ2021年6月7日現在スマホATMの利用停止中)

セブン銀行ATMからお金を借りられる消費者金融一覧
大手消費者金融 プロミス、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフル
中小消費者金融 セントラル、ベルーナノーティスなど

プロミスのカードローンでコンビニからお金を借りる場合

コンビニから借りるプロミス
上記の中で、セブンイレブンのATMで手軽に借りられるカードローンとしては、プロミスがおすすめです。

プロミスのカードローンを契約する場合、「カード発行あり」と「カード発行なし」の2パターンが可能で、カードの有無にかかわらずセブンイレブンATMでキャッシングできます。

カードを持っている場合の借入方法は説明するまでもありませんが、スマホATMでの借り入れ方法については以下の「手続きの流れ」を参考にしてください。

ちなみに、ローソン銀行ATMでも以下の流れでスマホATMからの借り入れは可能です。

スマホATMを利用したプロミスの借り入れ方法

※セブンイレブンATMの場合
STEP1…プロミスのアプリにログインする
STEP2…アプリ上の「スマホATM」をタップ
STEP3…セブン銀行ATM画面の「スマートフォンでの取り引き」を押す
STEP4…QRコードが画面に表示されるので「出金」を押す
STEP5…ATM画面で表示されたQRコードをスマホで読み取る
STEP6…企業番号/ワンタイム暗証番号が表示される
STEP7…セブン銀行ATMで上記の番号を表示
STEP8…借り入れしたい金額を入力し出金

プロミス
プロミス 金利 年4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短20分
融資時間 最短20分

プロミス公式サイトはこちら>>

アイフルのカードローンでコンビニからお金を借りる場合

アイフル
アイフルのカードローンでも、「カードでのキャッシング」と「スマホATMからのキャッシング」の両方が利用できます。

スマホATMはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみ利用でき、ファミリーマートやミニストップなどのATMでスマホからの借入はできません。

ちなみに、スマホATMからの借り入れ方法についてはプロミスの場合と同じです。

アイフルなどのカードローンを利用する場合、「できるだけ家族に内緒で借りたい」と思う人も多いでしょう。アイフルでカードレスの契約をしておけば、カードを家族に見つかるリスクはありません。

また、一般的なカードローンだと、審査時の勤務先への在籍確認(電話)が必要ですが、アイフルの場合は原則、在籍確認の電話はありません。そのため、まわりに内緒で利用したい人には、もっともオススメしたいカードローンのひとつといえます。

アイフル
アイフル 金利 年3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 web申込場合最短25分
融資時間 web申込場合最短25分

アイフル公式サイトはこちら>>

レイクもコンビニ提携ATMからお金を借りることができる

レイク
レイクもセブン銀行、ローソン銀行、Enetのコンビニに設置してある銀行ATMからお金を借りることができます。

手数料が借入の場合、1万円以下で110円、1万円超で220円かかりますが、土日祝日でも深夜でも借り入れできるのは大きなメリットです。

レイクは他の消費者金融よりも無利息期間が長く、WEBで申込むと60日間無利息、お借入れ額5万円まで180日間無利息が可能です(30日間無利息、60日間無利息との併用不可)。

レイク
レイク 金利 年4.5%~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短15秒で結果表示
融資時間 *webで最短25分融資も可能

*21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

レイク無利息注意点
  • 60日間無利息(Web申込み限定)、5万円まで180日間無利息(契約額1万円~200万円まで)、30日間無利息の併用はできません
  • 新生フィナンシャル(株)で初めて契約いただいた方が対象。60日間無利息はWeb申込みの方で契約額が1~200万円の方のみ
  • 無利息開始日は契約日の翌日から。借入れ日の翌日からではありません
  • 契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ(30日間無利息は契約額1万円~500万円まで)
  • 無利息期間中も返済日があります。借入れ後の返済日を確認ください
  • 返済日はレイクの会員ページ、SBI新生銀行カードローンATMの利用明細書、契約時の書類で確認ください
  • 無利息期間中に返済が滞った場合、無利息期間が終了となり返済日の翌日以降の遅延損害金及び利息負担となります
  • 無利息期間終了後は通常金利適用となります
  • Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる
商号 新生フィナンシャル株式会社
ご融資額 1万円~500万円
ご利用対象 満20歳~70歳
(国内に居住する方、日本の永住権を取得されている方)
貸付利率(実質年率) 年4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高によって異なります。
遅延損害金 年20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じて新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
貸金業登録番号 関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

銀行カードローンでセブンイレブンからお金を借りる

セブンイレブンでお金を借りる方法
銀行カードローンもセブン銀行ATMと提携していますので、ほとんどの銀行カードローンはセブンイレブンに設置してあるATMからの借り入れが可能です。

下記に比較的利用者数の多い銀行カードローンで、セブン銀行ATMから借り入れができるかどうかを一覧にしていますので、是非参考にしてください。

銀行カードローンでも一部のコンビニATMが利用できないケースがあります。利用時にはよく確認するようにしましょう。

代表的な銀行カードローンとコンビニATMの利用可否
銀行カードローン名 利用可否 ATM手数料
三井住友銀行カードローン 可* 無料*
三菱UFJ銀行カードローン 提携ATMは無料
au じぶん銀行カードローン(じぶんローン) 無料
りそな銀行カードローン 有料
セブン銀行カードローン 無料
イオン銀行カードローン 一部不可
※セブン銀行ATM利用不可
無料
オリックス銀行カードローン 無料
みずほ銀行カードローン 有料
楽天銀行スーパーローン 無料

*カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによるご利用となり、ATMはご利用いただけません。
*全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATM

おすすめの銀行カードローンを紹介

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン 上限金利 年1.5%~年14.5%
限度額 10~800万円
審査時間 *最短当日
融資時間 *最短当日

*申込完了後の確認事項や、本人の確認書類の提出状況によって異なる場合がございます。

銀行カードローンは一般的に自行の普通預金口座が必要となりますが、三井住友銀行カードローンは普通預金口座開設不要で申込むことができます。

銀行ならではの金利水準に加えて、審査結果は最短当日回答になっているため、スムーズな審査が可能になっています。

また、ローン契約機で契約やカード受取ができるため、WEBから申込して審査通過後にローン契約機でカード等を受け取ることで、自宅への郵送物なしで借入することができます(※カードレス契約も可能)。
※三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方、またWEBよりお申込みのお客さまで、本人確認をオンラインで行った場合に限り「カードレス」の選択が可能。

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら>>

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン 金利 年1.5~14.6%(変動金利)
お借入限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市のみ)に居住またはお勤めの方は、横浜銀行カードローンがおすすめです。金利年1.5~14.6%(変動金利)で他社借り換えやおまとめローンとしても利用が可能となっています。

審査結果は最短即日にわかるため、銀行カードローンでも審査はかなり早めです。横浜銀行口座なしでも申込可能(審査通過後契約までに開設必要)に加えて、借入・返済の提携ATM手数料無料(ただし、横浜銀行ATM、コンビニ等ATM以外の提携金融機関ATMでのお借り入れには、所定の利用手数料が必要となります。)なのも嬉しい点です。

横浜銀行カードローン公式サイトはこちら>>

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行カードローン 金利 年1.9%~14.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

ネットバンクで人気の楽天銀行スーパーローンは、上限金利年14.5%で利用できます。楽天銀行口座不要で、いつもの口座を使って利用できるのがメリットです。

また、楽天会員ランクによって審査優遇(*必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません)がありますので、楽天会員の方には特におすすめとなります。

楽天銀行スーパーローン公式サイトはこちら>>

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)
じぶん銀行カードローン 金利 年1.48%~17.5%*
限度額 10万円~800万円*
審査時間 最短1時間
融資時間 最短即日

*金利と限度額はカードローンau限定割 誰でもコースのものです。

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、au IDをお持ちの方であれば年0.1%通常金利より優遇されます。銀行カードローンでも審査時間は早く、公式サイトでは「最短1時間で審査結果を登録のEメールアドレスにお知らせします」と記載があります。

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)口座は不要で利用できるため、手続きも簡単になっており、カードが届き次第提携ATMから手数料無料で借入・返済ができます。返済日も「35日ごと返済」か「期日指定返済」のどちらかを選べるので使い勝手が良いカードローンになっています。

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)公式サイトはこちら>>

クレジットカードでセブンイレブンからキャッシングする

セブン銀行ATMからキャッシングする男性
セブンイレブンATMでお金を借りる方法としては、「クレジットカードでキャッシングする方法」もあります。

ちなみに、さきほどご紹介した「スマホATMで消費者金融から借りる場合」だと1,000円単位の借り入れが可能ですが、クレジットカードの借り入れ単位は1万円単位です。

そのため、「借り過ぎ」になるリスクがありますので、利用時には計画的な利用を心がけましょう。

代表的なクレジットカードとコンビニATMからの借入可否
クレジットカード名 コンビニから借入可否 ATM手数料
楽天カード 有料
JCBカード 有料
三井住友カード 有料
ジャックスカード 有料
オリコカード 有料

ローソンでお金を借りる方法

ローソン
ローソンに設置されている銀行ATMでも、いくつかの方法でお金が借りられます。ローソンの国内店舗数は2021年4月現在で「14,476店舗」となっており、セブンイレブンと比較すると若干少ないですが、全国どこでも利用できる便利なコンビニのひとつです。

ローソン銀行ATMでお金を借りる方法としては以下の3つがあり、さきほどご紹介したセブンイレブンと同じです。

ローソンでお金を借りる方法

①消費者金融カードローン(アプリ含む)で借りる
②銀行カードローンで借りる
③クレジットカードで借りる

ローソンの国内店舗数に関する資料は、以下の公式サイトをご覧ください。

【ローソン】消費者金融と銀行カードローンのキャッシングが可能

ローソンでは、アコムやプロミスなどの消費者金融カードローンをはじめ、三井住友銀行カードローンなどの銀行カードローンでもお金を借りられます。

利用できるカードローンや借り入れ方法は、先ほどのセブンイレブンと同じですので、詳しくは割愛します。

ローソン銀行のカードローンPontaプラスとは?

ローソンpontaプラス
ローソン銀行のATMでお金を借りるには、ローソン銀行カードローンPontaプラスが便利です。

Pontaプラスはローソン発行のクレジットカードで、カードローン機能を使えば毎月一定金額の返済で無理なく利用できます。

また、返済もローソン銀行ATMで自由におこなえますので、普段の買い物の途中に取り引きができる利便性が高い点が特徴です。

ローソンPontaプラスカードローンの商品概要
商品名 ローソンPontaプラス(カードローン)
キャッシング利用条件 ・ローソンPontaプラスの契約者で安定した収入があること
・20歳以上であること
年会費 無料
カードローン金利 実質年率14.95%~17.95%
※利用可能枠により異なる
返済方法 毎月元金定額返済(ボーナス併用返済または一部返済も可能)
※借入金額10万円の場合、11ヵ月/11回(追加の借り入れがない場合の返済例)
担保保証人 不要
利用使途 自由(事業資金は除く)
参考商品概要説明書/ ローソン銀行クレジットカード「ローソン Ponta プラス」
https://www.lawsonbank.jp/creditcard/pdf/shouhingaiyou.pdf

ローソンでクレジットカードキャッシングも利用可能

ローソンATMでは、セブンイレブンと同じくクレジットカードでもお金を借りられます。ただし、借り入れ単位はさきほど同様1万円単位となりますので、借り過ぎに注意が必要です。

また、クレジットカードでキャッシングする場合は、設定された利用限度額の範囲内でショッピングとキャッシングの両方を利用しなければいけない点に注意が必要です。

たとえば、クレジットカードの利用限度額が100万円でキャッシング枠が30万円の場合、仮にショッピングで100万円分を使い切っているとキャッシングはできません。

「ショッピング枠100万円+キャッシング枠30万円」といった利用はできませんので計画的に利用しましょう。

ファミリーマートでお金を借りる方法

ファミリーマート
コンビニのファミリーマートATMでもお金は借りられます。

セブンイレブンとローソンには、それぞれセブン銀行やローソン銀行の銀行ATMが設置されていますが、ファミリーマートには他社コンビニと共同利用できる「E-netATM」が設置されています(ファミリーマート銀行といった銀行はありません)。

E-netを運営している株式会社イーネットは、コンビニや銀行が出資している会社で、全国の主要なコンビニでのATM設置や、ATM運営に関連した業務の受託を目的に運営されています。

詳しい会社概要については、以下のイーネット公式サイトをご覧ください。

ファミリーマートでは消費者金融アプリからの借入はできない

ファミリーマートでは消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードでの借入が可能ですが、唯一消費者金融のアプリを使っての借入はできません。

これはE-netのATMがスマホATMに対応していないことが要因です。

ただ、一般的なカードはほぼ利用できますので借り入れに不便を感じることはないでしょう。

ファミマTカードでキャッシングも可能

ファミマTカード
ファミリーマートで普段利用できるファミマTカードを契約している場合は、キャッシング利用枠を設定することで借り入れも可能です。

ただ、ファミマTカードでキャッシングするには与信審査を通過しなければいけません。ファミマTカードのキャッシング枠の審査では、収入の安定度はもちろん信用情報機関の照会もおこなわれます。

過去に他社カードローンやクレジットカードで延滞していたり、債務整理をしたりした履歴があると審査に落ちることもあります。延滞履歴がある人は、キャッシング枠の申し込みを控えたほうがいいかもしれません。

ファミマTカードのキャッシング利用条件
利用条件 20歳以上で安定した収入があること
利用可能枠 150万円以内(要審査)
融資利率 実質年率14.95%~17.95%
返済方式 リボルビング払い(残高スライド元利定額方式)
遅延損害金 実質年率19.94%
担保保証人 不要

ミニストップ、ヤマザキデイリーストアなどのコンビニで借りる方法

ミニストップ
セブンイレブンとローソン、そしてファミリーマート以外のコンビニについてもチェックしておきましょう。

大手コンビニ以外の店舗となれば、ミニストップやポプラなどが有名です。ミニストップのATMはイオン銀行ATMが設置されており、ポプラはe-netのATMが設置されています。

ともに利用できるカードローンはありますが、残念ながらスマホATMでの借り入れはできません。また、郊外の店舗などについてはATMそのものが設置されていないケースもあります。利用する前には店舗の公式サイトなどでよく確認してから利用するようにしましょう。

コンビニATMでお金を借りる場合の注意点を解説

上記のとおり、コンビニATMで借入れは可能ですが、利用時にはいくつかの注意点もあります。

もっとも注意すべき点は「利用手数料がかかる」点です。借り入れに手数料がかかるのに加え、返済にも手数料がかかる場合がありますので、無駄な手数料を支払わない工夫が必要になってきます。

借入と返済に手数料がかかる場合がある

カードローンやクレジットカードでの借り入れで利用手数料がかかるかどうかは、さきほどご紹介した一覧表を参考にしてください。手数料がかかる場合は、「1万円までの利用で110円」「1万円を超える利用で220円」のATM利用手数料がかかってきます。(ともに税込み)

消費者金融を利用する場合は、実質年率で年18%のカードローン金利が発生します。金利手数料にプラスしてATMの手数料がかかるとなると、借り入れや返済をするだけでも負担が増えることになります。

取扱金額1万円以下 取扱金額1万円超
提携ATM手数料 都度110円(税込み) 都度220円(税込み)

提携ATM手数料を節約する方法

そこで、消費者金融や銀行カードローンで提携ATMの手数料を節約する方法をご紹介します。

1回ごとの手数料はさほど負担ではないかもしれませんが、積み重なると負担は大きくなります。

消費者金融で提携ATM手数料を節約するには?

ひとつ目の節約方法は、プロミスのポイントサービスを利用する方法です。

プロミスのポイントサービスでは、インターネット会員のサイトにログインしたり収入証明書類を提出したりするだけでポイントがもらえます。貯まったポイントは、無利息期間の適用やATM手数料への充当が可能です。

プロミスのポイント付与条件は以下のとおりですが、40ポイントを貯めると申し込み日から翌月末までのATM手数料が無料になります。

プロミスのポイントサービス一覧※一部抜粋
プロミスのサービスや取引内容 付与ポイント(備考)
プロミスポイントサービス申込 100ポイント(初回登録時のみポイント獲得)
プロミスネット会員サービスログイン 10ポイント(毎月初回ログイン時のみポイント獲得)
「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント
※ポイント獲得対象にならないお知らせもあり
収入証明書類の提出 160ポイント
筆者おすすめpoint筆者数あるカードローン のなかでも、利用者の立場に立ったサービスといった面ではプロミスが群を抜いています。アプリローンの開発はプロミスが他社に先駆けて開発した歴史があります。このような企業姿勢はプロミスの「CSR理念」によるものなのかもしれません。以下にプロミスの公式サイトから引用したCSR理念を抜粋しています。これを読むだけでも、プロミスがいかに利用者目線でサービスを提供しているかがわかります。

<プロミスの公式サイトより>
当社のCSRとは、「SMBCコンシューマーファイナンスが社会からの信頼を得て、かつ社会と共に持続的に発展していくために、あらゆるステークホルダーに対して、経済的または社会的な価値を創造・提供・共有していくこと」です。
(引用元:プロミス公式サイトより)

銀行カードローンの提携ATM手数料は!?

銀行カードローンでも、利用するカードローンによっては提携ATM手数料が有料となります。

ただ、じぶん銀行カードローンやオリックス銀行カードローンのようにATM手数料がいつでも無料で24時間365日借り入れ可能、さらに1,000円から借り入れできる銀行カードローンもあります。

銀行カードローンを契約する場合は、どうしても利用限度枠や金利手数料に注目しがちです。しかし、いくら金利手数料が低いカードローンでも、利用するたびに手数料がかかると結局のところ返済の負担は増えてしまいます。

カードローン契約時には、公式サイトなどに掲載されている手数料条件などをよく読んでから、申し込むようにしましょう。

コンビニATMはメンテナンス時間など利用時間の制限がある

コンビニATMによっては、定期的なメンテナンス時間がある点にも注意が必要です。メンテナンス時間にはATMのメンテナンスと銀行システムのメンテナンスの2種類があり、ともにATMの利用はできません。

メンテナンス時間については、金融機関やコンビニ公式サイトで公表されていますので、利用前にはよく確認するようにしましょう。

なお、セブン銀行カードローンを利用する場合は「よくある質問」にあるとおり、システムメンテナンス時間はないとのことですので、不便なく利用できます。

<セブン銀行公式サイト/よくある質問より>
質問:セブン銀行口座は、システムメンテナンスなどで毎月決まった日に使えないことがありますか。
答え:(1)セブン銀行ATMをご利用の場合、定例のシステムメンテナンスはございませんので、原則24時間365日ご利用いただけます。なお、ATMの設置店舗が24時間営業でない場合、ATMがご利用可能な時間帯であっても、閉店時にはご利用いただけません。
(引用:セブン銀行ATM/よくある質問

コンビニでお金を借りる場合は利用限度額に注意

上記のほかにも、コンビニでの借り入れには利用限度額がある点に注意が必要です。ここでいう利用限度額とは、カードローン契約時の限度額ではなく、コンビニATMで利用できる限度額とのことを指します。

以下にコンビニ別の利用限度額を一覧にしていますので参考にしてください。

コンビニ 借入限度額
セブン銀行ATM 1日50万円まで
ローソン銀行ATM 1回20万円まで
E-net ATM(ファミリーマート等) 1回20万円まで

上記の表のなかでは、限度額が「1日単位」または「1回単位」になっている点に注意しましょう。

たとえば「1回あたり20万円」までとなっているカードローン でも、何回かに分けて利用すればカードローンの限度額範囲内なら20万円以上の借り入れが可能です。

コンビニに行かずにお金を借りる方法もチェック

コンビニからお金を借りるとなれば、たとえ近所であってもコンビニに行く必要が出てきますし、最近の社会情勢の変化で夜間早朝の営業をストップしているコンビニもあります。

そこで、コンビニに行かなくてもお金を借りる方法についても、いくつかご紹介しておきます。

振り込みで借りる

ATM以外で借りる方法としては、振り込みを利用する方法があります。消費者金融カードローンや銀行カードローンの場合、希望する口座に借りたお金を振り込んでもらえます。

振り込み手数料は無料ですので、コンビニATMのような無駄な手数料も発生しません。

また、ほとんどの銀行口座では土日や夜間を問わず、約1分で振り込んでもらえますので、クレジットカードの引き落としに間に合わない場合にはとても頼りになるサービスといえます。

ただし、銀行カードローンの場合は振り込み先口座が限定される場合がありますので、注意しましょう。

コンビニATMからお金を借りる方法まとめ

今回は、コンビニATMからお金を借りる方法を解説しました。コンビニATMは24時間利用できるところも多く、「便利でいつでも借りられる」点が最大のメリットです。

ただ、利用手数料が必要なカードローンがあったり、利用時間や限度額に制限がかかったりするケースもあります。

急ぎでお金を借りたい時には、利用可能時間や手続き上の注意点をよく確認してから利用したほうが良さそうですね。

この記事を書いた人

嶋 拓人

過去にアコム、三井住友銀行カードローン、レイクなどから500万円借りた経験あり。また、自身が保証人になったことから個人再生をし、再起した経験を持つ。クレジットカードも多数保有。その際に身につけた知識と経験を基に、お金に関するWEBライターをしている。現在FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)を勉強中。

※本記事はブラザーMONEY(ドメイン所有者:株式会社ブラザーモータース)と提携する金融機関のPR情報を含んでおります。
※ブラザーMONEYでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、SMBCコンシューマーファイナンス社、アイフル社、銀行カードローンから委託を受け広告収益を得て運営しております。
※当社はローンの情報提供を目的としており、ローン商品提供事業者との契約媒介やローン契約を斡旋をするものではありません。
※当社に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※当社に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ローン商品のお申し込みは、必ずご自身で各金融機関ホームページで内容をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※車検やキズ・ヘコミの修理等に関しましては最寄りの店舗へ来店・電話もしくはメールでのお問い合わせをお願い致します。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。